カドカワが創る新しいネットの高校

N高ブログ

【職業体験】偉大な自然を感じながら、イカ釣り漁に挑戦!(前編)

 

7月22日(月)~7月26日(金)5日間、山口県長門市向津具半島で「イカ釣り職業体験」を開催し、N高生5名が参加しました。

大自然に囲まれた本州の最西北端に位置する長門市向津具半島で、「漁師にとっての海」をテーマに漁業の現場を体験してきた生徒たちの様子をお伝えします。

 

【初日】

宇部空港と新山口駅に集合した生徒たち。お迎えの車を待つ間は、みんな緊張の面持ち。

宿への移動の車の中は生徒だけでしたが、宿に着くころにはそれぞれコミュニケーションをとって仲良くなり、宿についてから開校式までの間はみんなでゲームをしていました。

 

開校式では、長門市の市役所の方のお話があり、長門市のイカについて説明もしていただきました。

開校式の後は、お世話になる方を含め、みんなでアイスブレイクの時間。ゲームを活用した自己紹介を通して、 緊張していた表情も少しずつ和らいできました。

 

その日の晩ごはんはBBQでした。お肉はもちろん、サザエなどの新鮮な食材が並び、生徒たちもテンションアップ。

海を見ながらおいしいご飯を食べ、素敵な時間を過ごすことができました。

 

夜ごはんの後は個人面談をおこない、楽しみなことや心配なこと、この体験での目標をたくさん話し、翌日からの体験に向けて気合を入れました。

 

【2日目】

2日目の夜にはさっそくイカ釣り漁に出ます。日が落ちる6時過ぎごろから漁に出るのでその前に船の試乗をさせてもらいました。

職業体験の中で船長さんに質問する時間を取っていただいていたので、試乗の前にグループに分かれて質問内容を考えました。

 

そしていよいよ船に乗ります!初めて船に乗る生徒もいて、ドキドキの表情を隠せません。

 

台風が接近していたこともあり、船を出せるか心配していましたが、天候に恵まれ無事船に乗せてもらうことができました。

生徒たちは船のデッキに立って綺麗な景色を眺めたり、船の操縦という貴重な体験もさせてもらいました。大きい乗り物の操縦は初めてだったので苦戦していましたが、とても楽しそうでした。

 

 

宿での昼食後は夜の漁まで時間があったので、宿の近くにある楊貴妃のお墓までみんなで散歩に出かけました。

 

夕方にもう一度港に戻り、生けすの見学をしてきました。水の中にイカを泳がせておくだけではなく、いたるところに漁師さんたちの細やかな工夫がされており、生徒も興味津々に話を聞いています。

 

 

そしていよいよ漁に出発です。初めての漁に期待と不安の入り混じった表情の生徒たち。

今回の漁は、一本釣りを体験。10mごとに色が違う釣り糸を使って、イカが泳いでいる水深めがけて糸を垂らします。

糸を垂らす深さがズレてしまっているとなかなかイカが釣れないという難しさがあり、初めは苦戦していた生徒たちでしたが、船長さん達のアドバイスをもらい、徐々に感覚を掴むと楽しそうにイカを釣りはじめました。

 

「【職業体験】偉大なる自然を感じながら、イカ釣りに挑戦!(後編)」 に続きます。

一覧へ戻る

その他の記事

N高全体
2019/10/15

【セブ島短期留学】英語力と異文化理解の向上を目指す

N高全体
2019/10/11

「ニコニコ町会議 全国ツアー2019」でN高オープンキャンパスを実施

N高全体
2019/10/10

【インターンシップ体験記 Vol.7】「株式会社AutoScale」にて現場を学ぶ