カドカワが創る新しいネットの高校

N高等学校 保護者の声

N高に入学した生徒の保護者のみなさまにお話を伺いました。

「中高一貫の学校をやめる」
親として納得するまで
本当に悩みました。

佐々木 真理絵さん

女性 1年生 バンタン ゲームアカデミー 高等部(新入生)

声優を目指したいと、娘がバンタン高等部の資料を持ってきました。
当初は中高一貫の学校に入学していましたし、高校から専門学校に行くのは早いんじゃないか、高校卒業してから専門学校に入学してもいいのではと反対をしていました。

ただ、子供がどうしてもやりたいというので、親として納得できる内容かどうか学校説明会に5回参加し、バンタン高等部の先生からも丁寧に説明を受けて入学させることを決めました。

最終的に入学させたのは、やはり子供がやりたいことをやるのが一番だと思ったからです。私自身も両親からそのようにさせてもらっていましたし、好きなことをやらないと結局、何をやっても辞める羽目になるだろうなと。
ただ、本当に悩みました。ですので、「やりたいことをするために最低限のことはきちんとしなさい」と伝え、N高で高校卒業の資格を取ることを条件にバンタン高等部へ入学させました。

N高で高卒資格を取るには自己管理で勉強しなければならないので、本当にそれができるかは今でも少し心配です。ただ、学校から進捗状況の封書が届くのでそれを本人にも見せつつ確認しています。通信制だと学校と保護者とのやりとりがないような気がしていましたが、学業の進み具合もメールや封書で届くので安心です。

説明会でお話を聞いて、最初は「ネットなんて」と思っていました。
でも、ネットが当たり前の社会になっていくと思うと、こういう高校のスタイルは珍しいものではなく、可能性のあるものなのかもしれないと納得しました。