カドカワが創る新しいネットの高校

N高等学校 保護者の声

N高に入学した生徒の保護者のみなさまにお話を伺いました。

沖縄から連絡が!
ネットの先には
気にかけてくれる先生がいる

片山 健三さん

男性 1年生 ネットコース(新入生)

息子がちょうど高校の進路を考えている際にN高を見つけ、私から提案しました。私自身がネットに対する偏見がなかったため入学させる際の不安はありませんでしたが、入学後の息子の変化には正直驚いています。これまでは教科書など見向きもしなかったのですが、今は自発的に学習をしています。正直ここまで改善するとは思っていませんでした。

息子が受けている授業を見たのですが、オンラインでできるのはもちろんのことですが、映像授業や教材もしっかりしているように感じました。生活態度が変わったのは、入学式やスクーリングにも参加し、自分と同じ雰囲気の子供達に会えたことも影響しているのかもしれません。今では友達とスラックでやり取りをしながら、「何日までにレポートを提出する!」といった感じで頑張っています。

また、先生から定期的に子供の進捗情報を教えてもらえるのも助かります。息子が沖縄にスクーリングに行っていた際も、沖縄から「息子さん頑張ってますよ」と連絡がきました。ネットの高校というイメージが先行していますが、ネットワークの先にはきちんと先生がいて、きちんと高校卒業資格が取れるということに安心しています。

子供に無理矢理「ここに行け」というのは簡単ですが、選ぶのは子供自身です。入学するにあたり「こんなとこ入って将来どうするの?」と否定的な意見も目の当たりにしましたが、親の立場からするとそうじゃないんですよね。それすらできない子供たちが最初の一歩を踏み出すためのきっかけとして良い場を与えてもらえているんだと思っています。