KADOKAWAが創る新しいネットの高校

N高等学校 保護者の声

N高に入学した生徒の保護者のみなさまにお話を伺いました。

友人や先生に刺激を受け、
学校生活の
リスタートに成功

久保 敦子さん

2年次/通学コース(週5)

前籍校が合わないという状況の中、夫がN高という選択肢を提示。

学校説明会で、「現代社会ではどのような人が必要とされているか、そういう人を育てるにはどんな教育が必要か」という話にとても共感し、親子ともに、N高に入学するという意見で一致しました。

入学してからの息子は、休まず登校するようになっただけではなく、キャンパスフェスティバルの実行委員を務めるなど、とても積極的になりました。

N高には本当に色々な人がいるので、それが大きな刺激になっていると思います。また、息子はキャンパスの先生方をとても信頼しており、その安心感が大きいようです。

一般企業での社会人経験を有する先生も多く、実社会にまつわる色々な話を聞くのも、よい刺激になっています。

現在、息子は大学の一般受験のため特進専攻を志望しています。学校生活を良い形でリスタートするという私達の目標は、大成功を収めました。