カドカワが創る新しいネットの高校

N高ブログ

【夏休み企画】伝えたい空気感をカタチにするワークショップを開催

 

※このブログは、心斎橋キャンパスの2年生、植田真衣さんに書いていただきました。

 

7月31日(水)~8月2日(金)の3日間、株式会社 船場(※1)さまとN高等学校のコラボレーション企画・夏休みワークショップ「N高をつくろう!(※2)」が開催されました。

 

※1 株式会社 船場は商空間づくりのプロフェッショナルで、本校のキャンパス設計を担当しています。

※2 8月28日(水)~8月30日(金)に東京・代々木キャンパスでも同様のワークショップを開催。

 

毎日通いたくなるキャンパスを目指し、空間デザインを考える今回の企画。

心斎橋・江坂・京都からの応募者22人がキャンパスごとにグループとなり、そこに船場さまの社員の方々が加わり、ワークショップをおこないました。

1日目  プランニング

まずは船場さまの空間デザイン概論からスタート。「空間は空気感、デザインは意図を形にすること」

知っているようで知らない言葉について、明快に解説してくださいました。

 

理解が深まったところで、次はグループワーク。

ポストイットで現状のキャンパスの良い点・悪い点を書き出していきます。それぞれを場所や用途でカテゴリ分けしていくと、解決したい問題が見えてきました。

 

2日目 スタディ

前日のワークをもとに、キャンパスのデザインを考えます。

リラックスできるように半個室を設ける京都チーム、人工芝と大きな窓で開放感を演出する江坂チーム。

グループごとに個性があらわれていました。

 

全体像のイメージができたら、模型作りに移行。船場さまの社員の方々に助けていただきながら、1/50サイズで理想のキャンパスを仕上げていきました。

 

3日目 プレゼン

最終日は90分でスライド作り&発表練習というハードスケジュール。一人ひとりが担当を持ち、協力して成果をまとめていきます。

 

準備完了後、いよいよプレゼン開始。緊張感は拭えないものの、どのグループも課題から提案までのプロセスがはっきりしていて、説得力がありました。船場さまからの講評もいただき、貴重な学びと体験は終了しました。

 

今回のワークショップで感じたのは、空間デザインは問題解決の手段であるということです。自分たちのキャンパスが抱える悩みをあぶり出し、アイデアを並べる。そして、限られたスペースに収まるよう工夫をこらす。

表現方法は違えど、この考え方はすべての仕事に通ずるのではないでしょうか。

 

また、さまざまな進路を持つ参加生徒たちに寄り添ってくださった船場さまの社員の方々に深く感謝申し上げます。

企画の立ち上げはもちろん、生徒個人の相談にも対応していただき誠にありがとうございました。

 

「誰に何を伝えたいか」

この原点を忘れずに、今後の授業や活動に取り組んでいきたいと思います。

一覧へ戻る

その他の記事

心斎橋キャンパス
2019/10/29

地域のシンボル「大丸心斎橋店」をマイクラで完全再現

心斎橋キャンパス
2019/07/10

入学から3ヶ月…N高に入って感じたこと

心斎橋キャンパス
2019/05/07

新入生に伝えたいこと

学校法人角川ドワンゴ学園は、
N高等学校以外にも
さまざまな学びの場を提供しています