N高等学校・S高等学校 ネットの高校ブログ

【N高マイプロジェクト】走り抜いた半年間の集大成!圧巻の最終プレゼン大会

 

12月初週、半年かけて進めてきたN高マイプロジェクト(以下、マイプロ)の集大成である「最終プレゼン大会」を実施しました。

6月にプログラムがスタートしてからここまで、それぞれの生徒がプロジェクトを模索し、深めてきました。

すべてが順風満帆に進んだわけではなく、時にはモチベーションが下がったり「本当にこのプロジェクトで良いのだろうか?」と意義を見失ってしまったり、チームの仲間とぶつかったり…つまずくこともたくさんありました。

 

それでもここまで辿り着けたのは、一緒に頑張る仲間がいたからです。今日はその成果をお互いに発表し、称え合う日。

まずは伴走してくれたメンターが司会をしながら大会の趣旨を説明しますが…。みんな緊張しすぎてカチカチです。

 

緊張をほぐすストレッチをして、やっと笑顔になりました。

審査員の皆さんから激励の言葉をいただき、いよいよスタートです。

 

 

5分間という限られた時間の中で半年分の学びを共有するのは本当に難しいことですが、オンラインでプレゼンをすることにもすっかりと慣れて、上手にまとめていました。

 

 

また、ただ話すのではなく、相手に「伝える」ことを意識してきました。無駄な言葉を省き、それでいて聴いている相手に刺さるワードで伝え、いかに共感を生むか。

ここまでのプロセスの中でお互いにフィードバックをし合っているからこそ、自然にそれらも身についてきました。

 

プレゼンを聴く表情も姿勢も真剣です。プレゼンが終了した後は「無事に終わった!」と安堵の表情。生徒たちからは、

 

「自分に対して“頑張ったね”って素直に思える」

「6月から今までの成長を自分自身で実感しています」

「もともと行動するタイプではなかったが、行動するようになった」

「課題を自分で見つけることができるようになりました」

 

自身の変化を実感できる感想がたくさん出てきました。

 

また、審査員の先生方からは「正直に自分ができなかったことを伝え、向き合い、次はこうしようと思考していることが素晴らしい」とのお言葉をいただき、みんなの表情はすごく誇らしそうでキラキラしていました。

「自分がやっていることは小さいことなんじゃないかって初めは焦っていました。でもそういうことじゃないんだってわかったんです」

 

プロジェクトの大小を気にする生徒はもうここにはいません。全員が最大限の力で自分の課題に向き合いながら成長してきました。この変化や手ごたえを味わいたい人は、ぜひN高マイプロに参加して実感してほしいと思います。

 

さて、これで終わりではなくまだまだ続いていくみんなのプロジェクト。

この先の活動にもぜひご注目ください。

 

次回は、最終プレゼン大会から選出された10チームでおこなう代表プレゼン大会の様子をお伝えします。

その他の記事

N高全体

人気VTuber・月ノ美兎の生みの親、ねづみどし氏によるイラスト授業
~「好き」と「…

2020/11/27

N高全体 進路

企業が見ている選考ポイントは?4社を招いたオンライン就職相談会を開催

2020/11/18

N高全体 進路

志望大学に直接質問!オンライン進学相談会で気になる部分をクリアに

2020/10/26

CONTACT

ネットの高校について
詳しくはこちら