KADOKAWAが創る新しいネットの高校

N高ブログ

【N高マイプロジェクト】白熱の代表プレゼン、選ばれし学校代表4組は?!

 

全国高校生MY PROJECT AWARD2019」の地域Summitに出場する学校代表を決定すべく、先日おこなった最終プレゼン大会で選出された10チームで、代表プレゼン大会を実施しました。

 

代表プレゼン大会では、この半年間のプロジェクト活動を奥平校長、上木原副校長、保科副本部長に聞いていただき、審査してもらうということもあり、最終プレゼン大会の時とはまた違う緊張感が漂っていました。

激励をくださるその一言一言で身が引き締まります。

 

惜しくも代表プレゼン大会に出場できなかった仲間たちの想いも背負っているからこそ、全力でやりきる!が全員共通の想いです。いざ、プレゼン開始!

 

 

緊張している、と言いつつも前回の最終プレゼン大会よりは堂々と話している各チーム。

オンラインの発表でも身振り手振りが付いたり、伝える際の表情、声のトーンを工夫したり、力がこもったプレゼンでした。

審査員の先生方もそのクオリティに驚いた様子。それぞれのプロジェクトが持つ社会的意義が非常に大きなものだからこそ、プレゼン後の質問にも熱が入っていました。

 

・なぜそれを(あなたが)やる必要があるのか?

・アプリで広げていく方法、具体的にどんなことを考えているのか?

・実際に地域活性のサイトを作るにあたって、とくにこだわった点は?

 

それぞれが実現したい未来に対しどれだけ本気で向きあえているのか、具体的な案を持っているのかを問われた時に、みんなしっかりと自分の考えや考察を踏まえながら答えていきます。このやり取りには大人も顔負けでした。

すべてのプロジェクトが本当に素晴らしく審査も難航しましたが、以下の4プロジェクトが学校代表に選ばれました。

 

ONMITSU PROJET(ネットコース:小倉ことみ)

かき氷屋を高校生店長として開業。かき氷屋を名物スポットにし地域を盛り上げることを目指すプロジェクト。

 

ブラインドeスポーツプロジェクト(ネットコース:櫻井竹琉)

ブラインドeスポーツで視覚障害者と健常者の相互理解を構築するプロジェクト。

 

痴漢抑止活動(通学コースの生徒)

電車の痴漢被害を減らす(最終的にはなくす)ことをゴールにしたプロジェクト。

 

New Donation Form(通学コース 代々木キャンパス:成田美晴、澤田優希)

仮想通貨を使って⽇本の寄付額を増やし、寄付をもっと⾝近にするためのプロジェクト。

2月におこなわれる地域Summitに向けて、さらなるアクションを続けます。

自分たちの学びをたくさんの同世代や大人に伝え、フィードバックをもらい、試行錯誤をしながら課題に立ち向かっていくことでしょう。

今後の活動も報告していきますので、楽しみにしていてください。

 

一覧へ戻る

その他の記事

N高全体
2020/09/28

【オンライン職業体験】壊すことから始めよう!
「当たり前」を塗り替えるお菓子を提案

N高全体 マイプロジェクト
2020/09/07

【N高マイプロジェクト】3ヶ月でのBefore→Afterがすごかった!
とことん自…

N高全体
2020/09/03

【N高起業部】起業は手段!起業家が語る「目的を問い続ける大切さ」

学校法人角川ドワンゴ学園は、
N高等学校以外にも
さまざまな学びの場を提供しています