KADOKAWAが創る新しいネットの高校

N高ブログ

楽しい冬休みが明けて…真剣モードの千葉キャンパス

 

※このブログは、千葉キャンパスの1年生、牛尾 太善さんと酒井 幸大朗さんに書いていただきました。

 

冬本番を迎え、寒い日が続きますね。千葉県では例年2月ごろに雪が降りますが、皆さんの住む街はいかがでしょうか。

 

さて、クリスマスやお正月も終わり、登校日がやってきました。ヘアスタイルを変えた人や、眠たそうに登校している人など、久しぶりに会うクラスメイトはさまざまな様子でしたが、みんな元気に登校できたことを嬉しく思います。

 

冬休み明けの千葉キャンパスでは、1月末にある学年末テストやそれぞれの進路に向けた勉強が始まります。

テストは1年間の総復習、つまり教科書全体から出題されるため範囲が広く、勉強に予断を許しません。

今回は、緊張感が高まるキャンパスの様子をお伝えします。

 

パソコンの横に教科書とノートを広げて勉強する生徒や『N予備校』で問題を解いている生徒。

一人ひとりが未来のために学習している姿がたくさん見受けられました。

先生方も私たちに頻繁に声をかけてくれて、それぞれが時間を有意義に使って取り組むことができています。

 

新学期早々から、キャンパス全体が協力して学習に取り組む雰囲気を作り出せたと思います。冬休み前とはまた違うみんなの真剣な姿を見て、千葉キャンパスの成長を感じることができました。

 

テストが終わっても、この良い雰囲気を持続できるよう努力を続け、新年度に新入生が入ってきたときに「千葉キャンパスっていいな」と思ってもらえるような環境にしていきたいです。

 

次回のブログでは、それぞれの生徒の様子や成長をもっとお伝えしていきたいと思います。

一覧へ戻る

その他の記事

千葉
2020/05/26

千葉キャンパスのTAを大紹介!フレッシュな風を運んできたニューフェイスたち

千葉 プロジェクトN
2020/03/03

たくさんの成果が生まれ、評価された1年を振り返って

千葉
2019/11/13

【沖縄研修旅行】たくさんの新しい出会いや経験をくれた美しい海

学校法人角川ドワンゴ学園は、
N高等学校以外にも
さまざまな学びの場を提供しています