KADOKAWAが創る新しいネットの高校

N高ブログ

【N高投資部】起業部と投資部が初の合同授業で会社経営を体験

 

このブログは、ネットコース3年生で投資部の彦坂颯汰さんに書いていただきました。

 

起業部投資部は2日間にわたり、会社経営を体験できるボードゲームを利用した授業を代々木キャンパスにて実施しました。起業部と投資部が合同でイベントを実施したのはこれが初めてです。

 

このボードゲームは本来、企業の幹部候補生向けに実施されるもので、高校生はもちろん大学生も受講例がなく、学生として参加するのはN高が初めてということでした。

 

体験授業には起業部から3名、投資部から5名の合計8名が参加しました(起業部と投資部、両方に所属している生徒が1名)。4名ずつの2グループに分かれ、ゲームを進行していきます。

 

授業初日、外資系コンサルティング会社出身の先生より、まずはゲームの概要が説明されました。

私たちは架空の企業であるアップル&オレンジ社(以下、A&O社)の幹部となり、会社を経営することとなりました。

 

まずは創業1年目という立場からのスタートですが、私たちのチームは先生の指示通りに経営してみたもののあまりうまくいきませんでした。ボードゲームの盤上から読み取れる経営上の問題点として、在庫を多く抱えてしまっていることや、借金が多いことなどが挙げられました。

 

その後、把握した問題点を改善したところ、純利益は上昇。課題を発見しそれを修正するだけで経営状態が劇的に改善されることに驚きを覚えました。

2年目の経営は業界に変革が訪れ、このままの事業モデルでは経営が成り立たないことが追加ルールとして説明されました。

 

事業モデルを変革する必要性から、商品を1割ほど値下げしなければいけない状況にも関わらず、A&O社の経営者として昨年度よりも利益を上げることを求められました。そのため、どのようにすれば値下げと利益の上昇を両立できるのか話し合いました。

 

私たちのグループでは、値下げを行わなくても良いようにブランドを確立させ、利益を維持する方向などについて話し合いました。ただ、1割の値下げは避けられない状況であったことから、設備投資を増やして生産量を上げ、単価を下げることで値下げに対応するというアイデアをチーム内で考え、初日の授業は終わりました。

 

授業2日目、引き続きA&O社の経営に携わっていきます。

 

設備投資を増やして値下げに対応するアイデアで2年目の経営を進めてみると、A&O社は値下げを行ったにも関わらず生産量を増やすことで無事、純利益を上昇させることができたのでほっとしました。

 

3年目の経営では、さらに経営状況を良くするためにどのような策を取れば利益を上昇させることができるのか、掲示された8つの改善策から、有効と思われる4つの策を経営者として選ぶことになりました。 

 

私たちのグループでは起業家的目線と投資家的目線が衝突し、どのような策を取れば効果が上がるのか、思うように議論が進みません。

その結果、選んだ4つの策のうち、正解は2つだけでしたが、会社経営において株主が喜ぶことと、会社が良くなることが必ずしも一致しないことを体験として学ぶことができたのは大きな収穫でした。

 

また、今回の企業経営ボードゲームでは、BS(※1)、PL(※2)といった会社の財務諸表や ROE(※3)等の投資において役立つ指標について、シミュレーションを通して感覚的に学ぶことができました。

 

※1 BS…Balance Sheetの略で貸借対照表のこと。会社の財産の状態を明らかにするためのもの。

※2 PL…Profit and Loss statementの略で損益計算書のこと。会社の経営成績を明らかにするためのもの。

※3 ROE…Return on Equityの略で自己資本利益率のこと。自己資本に対する利益を示すもの。

 

参加した生徒からは、

「決算書から分かる情報量が増えた」

「経営者としては株主と仲良くしておこうと思った」

「経営する上で、違う視点や考え方を持つ人は入れた方が良いと思った」

「投資家として経営者に寛容になろうと思った」

 

といった感想の声が上がりました。

 

そのほか、私はこのゲームを通じて、社員の意見や提案をいかに取り入れるべきか、対立する意見をどうコントロールするか等、経営の難しさについてのイメージを深めることができたと感じました。

投資部として活動を行っていると、経営者にはどうしても厳しい目線を向けてしまいがちです。今回、経営の難しさの片鱗を体感したことでこれまでの投資家視点に加え、経営者としての目線を、これからの投資部の活動に取り入れていきたいと考えています。

 

※投資部の活動の様子はこちらからご覧いただけます。

一覧へ戻る

その他の記事

N高全体
2020/03/30

【セブ島短期留学】現地でしか得られない語学力アップと異文化体験

N高全体
2020/03/12

【職業体験】1冊の本をみんなで“冒険する”~最先端の図書館で集団読書を体験~

N高全体
2020/03/11

高校生トラックメイカーSASUKEとN高応援歌をレコーディング!

学校法人角川ドワンゴ学園は、
N高等学校以外にも
さまざまな学びの場を提供しています