KADOKAWAが創る新しいネットの高校

N高ブログ

【N高マイプロジェクト】
「全国高校生マイプロジェクトアワード」地域大会で堂々プレゼン!【後編】

 

N高から、学校代表として選抜された生徒と書類選考を通過した生徒が、「全国高校生マイプロジェクトアワード2019」地域大会に出場しました。

 

※「【N高マイプロジェクト】「全国高校生マイプロジェクトアワード」地域大会で堂々プレゼン!【前編】」もご覧ください。

 

今回のブログの「後編」では関西Summitの様子をお伝えします。

2/29(土)に関西 Summitが開催され、N高からは5チームが出場しました。新型コロナウイルス感染症対策のため、一堂に会しての開催ではなく、オンラインでの開催となった今回ですが、各々の熱い想いを伝えることができました。

■出場チームのプロジェクト紹介

 

 

スポーツを辞めた人×マイナースポーツ(2年 心斎橋キャンパス)

マイナースポーツをSNSやブログで発信することで、若者に会社以外のコミュニティを作るプロジェクト。自身がスポーツを辞めた後の経験をきっかけに考案。ブログでマイナースポーツの紹介をしたり、どこで体験できるかを伝えたりし、自身で設定した目標人数以上の人に情報を届けることができました。

 

◆発表を終えた生徒の感想

過去に、チームで別プロジェクトに取り組みましたが、今回は個人でどこまでできるのかに挑戦しました。一人だと全部自分次第になるので進捗管理が大変でしたが、他校や他チームの発表を聞いてさまざな学びを得ることができ、とても楽しかったです。

 

痴漢抑止活動オーエン隊(2年 心斎橋キャンパス)

日本の痴漢被害を減らすために、痴漢抑止バッジの普及活動を行うプロジェクト。同じキャンパスの生徒に協力を求めたり、有名イラストレーターさんにバッジを広めるための広告を作ってもらったりと、精力的に活動しています。

 

◆発表を終えた生徒の感想

終わって、ほっとしています。自分自身の伝えたいことを伝えることができたので、嬉しかったです。オンライン開催でしたが、各々が体験し、学んだことを共有するということが参加者の中でできたので、とても良い経験になりました。プレゼンがうまいグループがあったので、見習いたいと思いました。今回の経験を活かして、何事にも諦めず、将来の夢を実現できる人になりたいです。

 

障害者向けのコミュニケーションツール(2年 心斎橋キャンパス)

身体障害者が簡単な操作で文字入力をし、会話できるソフトを開発。自身の叔父さんが倒れたことをきっかけに使いやすさ、見やすさを考え試行錯誤を重ねて作成しました。完成したソフトを叔父さんが実際に使い、感謝の言葉を打ってくれたことが大きなやりがいになりました。その想いが伝わり予選を突破、決勝戦に進出しました。

 

◆発表を終えた生徒の感想

率直に、疲れました。そして、「ちょっと失敗してしまったな」と思う点があり、悔いも残っています。しかし、他校のプロジェクトの発表を聞いて、みんな独特なきっかけから案を得ているなと思い刺激を受けることができました。これからも、柔軟性を活かしてプロジェクトを継続していきたいと思います。

 

自分にできること〜自殺予防を知る〜(2年 ネットコース)

「完全自殺マニュアル」という本を読んだことをきっかけに、自殺予防の取り組みを広げていきたいと考え始動。得意な動画制作を活かし、自殺防止に取り組む団体の認知度向上を目指すプロジェクト。途中で扱うテーマの重さに思い悩むこともありましたが、自殺予防団体にご協力いただき取材をし、直接お話を聞くことで自身の取り組みに自信を持つことができました。

 

◆発表を終えた生徒の感想

本気で挑戦して予選で落ちてしまったので本当に悔しい!しかし最後までやり切ったという達成感でいっぱいです。もっとプロジェクトを進めていろいろな人と交流したかったです。今からでも遅くないと思うので、多くの人に関わりながらいろいろな社会問題に向き合う人々を、僕にできることで支援していきたいです!

N高CM企画(2年 心斎橋キャンパス)

できないことに悩むのではなく、得意なことを伸ばそうと考えることをコンセプトに、高校生に向けたCMを作成するプロジェクト。ちょっとしたきっかけがあれば人は変われるんだ、という自身の経験をもとに「答えあわせ」から「答えあつめ」をしていこうというメッセージを発信しました。

審査員や同じ高校生から多くの共感を呼び、予選を突破し決勝戦へ進出、全国大会出場チームに選出されました。

 

◆発表を終えた生徒の感想

自分の経験がこんなに共感してもらえるんだということに驚きました。とても嬉しいです。まさか全国大会に出場できるとは思っていなかったので、自分で良いのかなという不安もありますが、より多くの人に伝えられるように、全国大会もがんばります!

 

 

こうして、無事に幕を閉じた関西Summit。ここでもまた、数々の学びや経験があったようです。

また「全国高校生マイプロジェクトアワード」としても史上初のオンライン開催でしたが、普段からオンラインでのコミュニケーションに慣れているN高生は、他校の生徒ともスムーズに交流できていました。その点でも、たくさんの収穫が得られたのではないかと思います。

 

出場したみなさん、本当にお疲れ様でした!

一覧へ戻る

その他の記事

N高全体
2020/06/26

『PSYCHO-PASS サイコパス』のアフレコに挑戦!
声優 野島健児氏による特別…

N高全体
2020/06/19

先生たちが四苦八苦!ネット遠足の教員研修に潜入

N高全体
2020/06/18

【N高投資部】コロナ時代に投資を始める君たちへ
~村上世彰特別顧問による激励講義~

学校法人角川ドワンゴ学園は、
N高等学校以外にも
さまざまな学びの場を提供しています