KADOKAWAが創る新しいネットの高校

N高ブログ

豪華ゲストによる解説実況で大フィーバー!第3回ネット運動会開催

 

2020年7月5日(日)に「第3回ネット運動会 」が開催されました。

ネット運動会とは、eスポーツをテーマに、さまざまなゲーム競技を通じて全国にいるN高生同士が交流するオンラインの学校行事です。

毎年、有名ゲームプレイヤーやゲーム実況者をゲスト解説に招きニコニコ生放送の公式番組としても放送され、これまで11万人を超える視聴を記録。

今年は、5タイトルのオンラインゲームを採用し、紅白に分かれて勝敗を競いました。

 

◆ニュース記事からも詳細をご確認いただけます。

N高「第3回ネット運動会」開催決定~7月5日(日)13時から全5タイトルで白熱バトル~

 

今回のネット運動会には、総勢300名以上の生徒が選手として参加し、昨年以上の盛り上がりを見せる大会となりました。また、Slack(N高で使用しているコミュニケーションツール)内に作成した応援チャンネル(※1)にも、紅白合わせて200名を超える生徒が集まり、多くの生徒が選手たちに声援を送りました。

※1 Slackでは、目的別にチームでメッセージやファイルを共有する「チャンネル」を作成できる。

 

毎年恒例となった、紅白の応援団長による「先生宣誓」からスタート。今年はソーシャルディスタンス確保、マスク着用での先生宣誓となりました。

 

 

MCには、柴田将平さん(※2)、山口慧さん(※3)を迎え、タイトルごとに豪華ゲストに来ていただきました。

※2 柴田将平…eスポーツキャスターとして活躍

※3 山口慧(けい)…ナレーター。MCなど多方面で活躍

 

第1種目は「IdentityV 第五人格」。ハンター1名対サバイバー4名で繰り広げる鬼ごっこ風対戦型ホラーゲームです。

ネット運動会で初めて採用された競技ということで、多くの生徒から注目を集めました。

ゲストの、のぴさん(※4)、ピアソン のんさん(※5)によるリモート解説実況により新競技がスタート。

目まぐるしく戦況が変化する中、合計4試合が行われ紅白共に白熱する戦いとなりました。

※4 のぴ…「IdentityV 第五人格」の実況・解説などで幅広く活躍

※5 ピアソン のん…「IdentityV 第五人格」の実況で有名なYouTuber

 

 

 

第2種目は「フォートナイト」です。全世界でプレイされている大人気のタイトルで、最大100人が参加できる島でのバトルロイヤルで最後まで勝ち残ることを目指します。

ゲストにSCARZ キルアさん(※6)を招き、素晴らしい解説実況をしていただきました。今年で3大会連続の実況となります。

教職員も競技に参加する中、生徒たちはプロ顔負けのプレイを披露し、第2種目のフォートナイトも大いに盛り上がりました。

※6 キルア…eスポーツ界のプロチーム「SCARZ」のフォートナイト部門マネージャー。

 

第3種目は「寿司打」。

第1回ネット運動会で採用されて以来、第3回ネット運動会で復活となったこのタイトルは、生徒のタイピング力を競うゲームです。流れてくる回転寿司が画面から消える前に表示された文字を入力できれば、お寿司をゲット。選んだコースの値段と獲得したお寿司の値段の差額を「お得金額」として競います。

生徒の中には8500円を越える高額な金額を叩きだす強者も現れ、ハイレベルなタイピング競争が繰り広げられました。

 

第4種目は「クラッシュ・ロワイヤル」というスマートフォン向けオンラインストラテジーゲームです。プレイヤーはキャラクターを使って自分のタワーを守りながら、対戦相手のタワー破壊を目指します。

けんつめしさん(※7)、いけだつばささん(※8)によるリモート解説実況で運動会後半戦がスタートです。

紅白それぞれから予選を勝ち抜いた上位5名が本選に進み、こちらもかなりレベルの高い戦いとなりました。

※7 けんつめし…マルチプロゲーミングチーム「FAV gaming」所属のプロゲーマー

※8 いけだつばさ…「クラッシュ・ロワイヤル」実況などで幅広く活躍するYouTuber

 

 

最終種目は「#コンパス 戦闘摂理解析システム」。

3Dマップ上でキャラクターを操作して戦うスマートフォン向けアクション対戦ゲームです。3分間のバトルでより多くの相手拠点を制した方が勝利します。

ゲストはネット運動会の「#コンパス」競技ではお馴染みとなった、まるこさん(※9)、コットン太郎さん(※10)です。

 

紅白それぞれ互角の争いが繰り広げられるシーソーゲームが続くなか、ゲストのお二人による熱い解説実況も相まって、盛り上がりはクライマックスに。

競技途中にコットン太郎さんのZoom画面がフリーズするというハプニングがありつつも、”彼のキャラクターらしい”とさらなる盛況を誘いました。

※9 まるこ…ニコニコ動画で活躍中のゲーム実況グループ「ゆきりぃやまる」のメンバー

※10 コットン太郎…「#コンパス」をはじめとするさまざまなゲーム番組でMC、キャスターとして活躍

 

 

そして、全種目が終わり、いよいよ結果発表です。

気になる結果はこちら!

 

白組が2大会連続の優勝!紅組は次回大会で是非リベンジを果たしてもらいたいですね。

参加してくれた生徒の皆さん、本当にお疲れ様でした。

 

参加した生徒の感想

◆選手参加

・ネットでもここまで盛り上がれるんだ!と驚いたし、ものすごく楽しかった。卒業する前にN高らしいイベントに参加できて本当によかった。

・プロ選手が来てくれてとても嬉しかった。

・ドキドキとワクワクを味わえて全力で楽しめ、常に白熱していてよかったと思います。

 

◆応援参加

・いろいろな種類のゲームを見ることができ、とてもレベルが高くて楽しかった。

・チームに分かれて応援するのが楽しかった。

・ゲーム鑑賞するだけなので期待していなかったけど、すごく楽しめてN高の素晴らしさを改めて実感した。白組として団結力が高まり、何時間見ても飽きずに楽しめた。

 

選手として参加する側も応援する側も、大いに楽しめたことが伝わってきました。

こうして第3回ネット運動会は大盛況のまま幕を閉じました。全国各地の生徒が参加するオンラインでの運動会、次回の開催も非常に楽しみです。

 

N高では今後もさまざまなオンラインイベントを開催予定です。オンラインとあなどるなかれ、そこには想像以上の盛り上がりが待っています。

今後もN高のオンラインイベントにご注目ください!

一覧へ戻る

その他の記事

N高全体 進路
2020/08/11

N高生2,000名が参加!将来を真剣に考える「オンライン進路ガイダンス」開催

N高全体
2020/07/30

3ヶ月間でゲーム・AIクリエイターに
N高生向けに「N Code Labo ネットコ…

N高全体 進路
2020/07/16

オンラインセミナー「Pre-University」開催
東大薬学部の現役大学生に聞く…

学校法人角川ドワンゴ学園は、
N高等学校以外にも
さまざまな学びの場を提供しています