N高等学校・S高等学校 ネットの高校ブログ

プレッシャー乗り越え勝ち取った優勝!
「全国高校eスポーツ選手権 」ロケットリーグ部門 決勝大会レポ

 

今回は、本校eスポーツ部のスポンサーである株式会社ユニットコム様、株式会社フェルマー様のご支援のもと参加した「第3回全国高校eスポーツ選手権 決勝大会」のロケットリーグ部門の当日レポをお送りします。

 

◆ニュース記事からも詳細をご覧いただけます。

eスポーツ部、「第3回 全国高校eスポーツ選手権」ロケットリーグ部門で優勝

 

 

当日の朝9時ごろに配信会場に到着し、大会側から支給されたユニフォームに着替えた「NRLG Cats」の選手たち。

心境を聞いてみると、みんなあまり緊張した様子はなく、前日もしっかり休養を取れてコンディションは万全とのことでした。さすが、決勝進出チームの貫禄ですね!

 

立ち位置の確認や表彰式のリハーサルも終わり、本番に向けて入念な準備を行っていきます。

予選決勝で戦った同校チームの「NRLG Cows」のメンバーにも直前練習に協力してもらい、本番を想定した試合を行いながらさらにコンディションを高めていきます。一度は戦った相手と、今はN高の仲間として共に優勝を目指す絆に、すでに胸に熱いものがこみあげてしまいます……

 

 

準決勝の相手は、釧路工業高等専門学校の「mirage virtual Calimba」。初戦ということもあり、特に大会経験のないsk:D選手、Arinko選手は緊張していましたが、tetu選手からのアシストボールをArinko選手がゴールすることに成功!

この1点でだいぶ緊張感がほぐれたのか、そのままの勢いで1戦目、2戦目を勝利し、決勝出場を決めました。

 

© 2021 Psyonix Inc. All rights reserved.

 

決勝までの間、コーチであるHANAGUMIぬんきコーチから先ほどの試合のフィードバックをいただき、試合のイメージを修正していきました。

決勝の相手が大阪府立大学工業高等専門学校「hogehoge」に決まったとき、予選決勝のときよりも数段レベルアップする印象をもった選手たち。かなり苦戦する展開になると感じたようで、より集中力を高めて決勝に臨みました。

 

そして幕を開けた決勝本番。メンバーの印象どおり一進一退の攻防が続き、あわや負けてしまうかもしれないと感じる場面もありましたが、粘り抜いて見事勝利!

tetu選手にとっては1年生のときからの悲願である全国優勝を手にすることができ、リザーバー(控え選手)としてチームを支え続けたnekota選手を含め、チームで喜びを爆発させていました。

 

© 2021 Psyonix Inc. All rights reserved.

 

試合後に、それぞれの選手に対して今回の大会や今後のことについて聞いてみました!

 

tetu選手 「勝ちを期待される中での試合は想像以上にプレッシャーで、喜びももちろんあるが安心感の方がむしろ今は強いかもしれない」

 

sk:D選手 「試合よりもインタビューがとにかく緊張した。来年もできれば出場したい」

 

Arinko選手 「大会に初めて出場して、こういった緊張感のある中で試合ができたのは楽しかった」

 

nekota選手 「チームの応援団長のような立ち位置でチームをずっと見てきたので勝ててよかった。ただ、試合に出られなかった悔しさはあるので、来年こそは出場したい」

 

どの選手も緊張感からの解放と優勝の喜びに加え、それぞれの立場での感想など、さまざまな感情の中にいるようでした。

 

tetu選手の「安心感の方が今は強い」という言葉が特に印象的で、チャレンジャーとして臨んだ前回大会とは大きく変わり、何倍ものプレッシャーの中チームをけん引してくれたのでしょう。本当におつかれさまでした!

 

コーチであるHANAGUMIの皆さまをはじめ、NRLG Catsを応援してくださった皆さま、本当にありがとうございました!

これからも「試合を見ている人がロケットリーグの魅力を十分に感じてもらえるプレイができるチーム」を引き続き目指していきたいと思いますので、応援よろしくお願いします。

 

その他の記事

N/S高全体 ネット部活

【N/S高アントレ】起業部から入門プログラムとして本格始動!

2021/07/16

ネット部活

【N/S高投資部】ユーグレナへのオンライン企業訪問を実施!
“寄付はサステナブルでは…

2021/06/02

ネット部活

【N高起業部】シリアルアントレプレナー家入一真 特別講座
「 起業やサービスに対する…

2021/05/24

CONTACT

ネットの高校について
詳しくはこちら