N高等学校・S高等学校 ネットの高校ブログ

【オンライン通学コース】【プロジェクトN】
地方創生×SDGs 『わたしたちのSDGsアクション宣言』
全国発表会出場!そしてラジオ番組出演へ……!

 

オンライン通学コース(以下、オン通)では、ベーシッククラスの生徒を対象に、毎週金曜日に課題解決型学習プログラム「プロジェクトN」という授業を実施しています。

 

この授業では、以下の3つの目標を達成することを目指してプロジェクトに取り組んでいます。

・自分なりの問題を社会のなかで見つけることができ、取り組めるようになる

・社会で実践されている課題解決のプロセスや、価値創造のプロセスを学ぶ

・21世紀型スキルやICTリテラシーなどの多様なスキルを実際に活用できるようになる

 

定期的にテーマが変わるこの授業では、プロジェクトごとにクラスの代表グループが一同に介して発表を行う全国発表会の場が設けられています。またプロジェクトにコラボしてくださる企業の方々からの講評をいただける貴重な機会でもあります。どのグループも全国発表会への出場を目指し、日々精力的にプロジェクトに取り組んでいます。

 

10月〜12月は『地域活性×住みよい社会作り = 地方創生SDGs』をテーマに、グループごとにひとつの地域を選んで、その地域の課題について調査やデータ分析を行い解決策を提案しました。

 

題して「SDGs未来都市計画 WEBマガジン制作プロジェクト」。提案をまとめた冊子を制作し、クラスで1冊のWEBマガジンを作りました。

 

 

今回のブログでは、12月の全国発表会に出場し、コラボ企業さまのご厚意により剛力彩芽さんがメインパーソナリティを務めるラジオ番組『SDGs MAGAZINE』に出演させていただいたチームに密着しました。まずはクラス内発表に向けてプロジェクトを進めていく様子をKさんに聞きました。

 

Kさん

私たちは京都京丹後市について調べました。工夫した点は実際に現地の人にお話を聞くこと。実際に現地には行けないのでビデオ会議システム「Zoom」を活用してインタビューを行いました。京丹後市の市役所の方がていねいに質問に回答してくれました。特にこの地域では「丹後学」と呼ばれる小中学生が自分の住んでいる地域について学ぶ授業があることなど、調べても知ることのできない話を聞くことができたのが良かったです。

 

アピールポイントはユニークな発表にしようと考えたことです。「聞き手が楽しく聴けて、さらに記憶に残るような発表をしたい!」と思いラジオ番組のような形式での発表を考えました。

実際のラジオ番組でも聴く機会がある“お便りコーナー”のような構成を冒頭に入れることによって、聞き手に興味を引こうと考えました。

 

 

代表に選ばれてからは、発表会でのプレゼンに向けてひたすら練習を重ねます。少しでも良いパフォーマンスができるようにグループメンバー一丸となって頑張りました。そして迎えた全国発表会当日。グループメンバーの胸中やいかに!?

ここからは発表終了後のNさんにお話を聞いてみましょう。

 

Nさん

全国発表会で意識したことは「前を向いてできるだけゆっくり話すこと」。台本を読みながら発表するとどうしても下を向いてしまうので、発表内容をある程度暗記したり、多くの人を前にしても緊張して早口にならないように心掛けました。少しでも楽しんでもらえるように普段より少し明るめの口調で発表をしました。自分の役(実際にインタビューをした市役所の方)になりきって練習通りラジオ番組の雰囲気で紹介できるよう頑張りました。発表後のゲストの内村さんによるアドバイスや講評がとても嬉しかったですし、また勉強になりました。

 

 

そして年が明け、チーム一行は東京にあるラジオ収録スタジオへ……。ここからは収録に参加したHさんの臨場感たっぷりのレポートをお送りしたいと思います。どうぞ最後までお付き合いください。

Hさんの収録参加レポート

前日〜集合まで

初めてのラジオ出演。どのようになるか想像もつかない中、事前に用意したラジオで話す内容についてまとめたものを何回も練習をして本番に備えました。

前日は「明日になったら剛力彩芽さんに会える!」という期待と「私がラジオに!?」というまだ信じられない喜びに浸ってました。

 

そして当日の集合場所へ。私はオンライン通学コースに通っていて、普段はオンラインでの授業がメインです。一緒のグループのKさんに会うのも初めてということや、頑張って考えた台本通りにできるかの不安でとても緊張していました。

 

いざニッポン放送へ!

残念ながら人数制限があり、Kさんとは一緒にラジオ局には入れず、私たちのグループからは代表として私だけが参加することになりました。

他のグループの子やN中等部の子、職員の方ともすぐに仲良くなり「芸能人ってこんな感じで現場入りしてるんだね〜私たち芸能人みたい!」とはしゃぎながらラジオ局におじゃましました。

入り口で検温と消毒を終えたあとは“いよいよ感”がどんどん高まり、顔が緊張で硬くなりました。順番がくるまでは、収録ブース近くの休憩スペースで待機。

待機と聞くとお堅いイメージですが実際はそんなことはありません。みんなと写真を撮ったり、この学校に通うことに決めた理由をお互いに聞いたり、お洋服やメイクの話をしたりなど、収録まで楽しく過ごしました。引率の先生から「みんな本当に初めて会うの!?」と何度も聞かれるぐらい打ち解けていたようです。

 

 

いよいよ本番へ

「こんにちは〜よろしくお願いします」と挨拶しながら入ったその部屋には、剛力彩芽さんをはじめ、ラジオの関係者さん、カメラマンさんがいらっしゃいました。私は芸能人やドラマが大好きなので、その世界に足を踏み入れたようでドキドキしました。

 

収録ブースに入ると、関係者の方からイヤホンの説明や収録の流れの説明を受けました。イヤホンを片耳に入れると、録音ブースの外からの指示や、他の出演者の話している声を聞くことができるようになっています。ラジオが対話形式で行われることも教えていただきました。

 

そして収録がスタート!!「剛力彩芽がお送りしています。SDGs MAGAZINE!」と始まった瞬間、緊張感が増してきました。

編集していただけるとはいえ、自分の話したことが実際に放送されるという味わったことのない状況。本番が始まるとかなり緊張しました。

そんな中で緊張に勝つために私が行ったことは「ここを楽しむぜ!」と前向きに考えること。前向きに考えると自然と顔も上がり、にっこりと笑顔になれました。

 

いよいよ私のターン

まず最初に私がN高を選んだ理由をお話ししました。台本に話したいことをまとめていたおかげで、私自身のアレルギーのことや、私が感じたN高の良さについてのことを具体的にお話しすることができたかと思います。そして、慣れない対話形式にも対応することができました。個人的に満足いく説明ができたと思っています。

 

次に、今回のプロジェクトのテーマである「SDGs」の発表の内容をお話ししました。今までチームのみんなとこの発表について真剣に考えて調べてきました。「私たちが調べた京都府京丹後市についてこの機会にたくさんの方に知ってもらいたい!」という強い気持ちと気合いから、また急に緊張してしまいました。

 

話したい内容はかなり飛ばしてしまいましたが、一番伝えたかった「SDGsをメインに考えるのではなく、第一に街や住民の方を考えることで自然とSDGsのゴールが当てはまる」という市役所の方にインタビューしたことで知ることができた考え方についてはきちんと伝えることができました。

予定とは話す内容が変わってしまいましたが「それなりに頑張った!」と自分を褒めました。

 

収録終了

剛力彩芽さんと記念撮影をすることができました!カメラマンの方が顔を明るくするためのライトや本格的な望遠の一眼を使って撮影してくださいました。「きゃあ!!なんて本格的なの〜〜!!」と心の中はメラメラとしていました(笑)。

 

そして実は、ラジオ収録中にも撮影してくれていました。ラジオは声だけなので、私が他の方からどのように見えていたかを見ることはできません。

カメラマンの方に撮影していただいたおかげで知ることができました。写真に映る私はとっても楽しそうで、時に真面目そうでした。

写真を見るだけで当時をよく思い出すことができます。形となって残る素敵な思い出を作っていただきました。

 

現在、職業について興味がある私は、カメラマンという仕事を近く見ることができてとても興味深かったです。他の関係者の方にもしっかりとお礼を伝え、名残惜しいですが、もう2度と入る機会なんてないであろうラジオ収録ブースを後にしました。

 

収録後、Zoomから番組に出演していたKさんと合流!Zoom組の他のメンバーにも剛力彩芽さんが会いにきてくださり、最後には全員で記念撮影をしました。

帰宅後に記念写真を拝見しましたが、剛力彩芽さんの顔の小ささに改めて驚きました。剛力さんと一緒にラジオに出演したこと。一生ものの大切な思い出です!

 

 

収録を通してまたとない、素晴らしい機会を全力で楽しむことができました!今回は、深く考えて頑張った成果で、ラジオ出演という切符を掴み取りました。「頑張ってよかった〜!!」と心から思えるのは、とてもうれしく達成感のあることです。体感できて良かったです!

 

待ちに待った放送日

せっかくの機会!と恩師や友だち、家族や親戚にたくさん告知した私。クラスのみんなはクラスのDiscord(チャットツール)で、親戚や恩師、友だちはそれぞれの場所から聞いてくださいました。

 

放送後には私のもとにはたくさんの感想が届きました。あの特別な空間が放送されることだけでも嬉しくて。正直、感想をいただけるなんて思ってもいませんでした。感想をていねいに伝えてくれる知人がいるのはとっても幸せでありがたいことですね。

 

いただいた感想から私自身が気づいていなかった変化を知ることができました。個人的に嬉しかったのは「明るく元気にハキハキしていて、しっかりした話し方で分かりやすかった」というものでした。話すことがあまり得意でない私ですが、かなり緊張した中での話し方を褒められて、とても嬉しかったです。

 

オン通の授業でも上手な話し方について学んでいるので、成果が出たのではと思っています。

また、今回このブログを書くにあたって、ここまでの文字のタイピングができているのもN高で成長できたことの一つです。健康に過ごせて自分の視野が広がり、成長できるN高に通えて充実しています!

 

以上、私の記念すべきラジオ出演について、オンライン通学コース、Hがレポートしました。

長くなってしまいましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました!

その他の記事

オンライン通学コース

【オンライン通学コース】挑戦した経験が自信に変わった{br}~はじまりの1年を振り返って~

2022/04/11

オンライン通学コース

【オンライン通学コース】春の訪れを期待して{br}心も体も温まる2月の交流イベント

2022/04/08

オンライン通学コース

オンライン通学コースのクラスの活動はどんな感じ?

2022/03/22

CONTACT

ネットの高校について
詳しくはこちら