カドカワが創る新しいネットの高校

N高ブログ

働く現場の最前線で見識を深める「企業見学」

先月、代々木キャンパスでは希望者を対象に、「企業の職場見学」を行いました。 最前線で働く方々を実際に自分自身の目で見ることで、”就業”に対するイメージを明確にし、見識を深めて欲しいという願いをもっての実施となりました。

 

第1弾は、株式会社共立メンテナンス様の本社を訪問。 共立メンテナンス様は、学生寮や社員寮などの管理運営事業を手掛けるリーディングカンパニーです。

 

業務内容などの説明を聞いた後、実際に働いている方からお話を聞かせていただき、 仕事についてのイメージが膨らんできたところで、本社内の見学に移ります。

 

 

「なぜこの会社に勤めようと思ったのか?」「なぜ寮の運営が始まったのか?」

担当の方は、生徒たちの率直な質問にも丁寧に答えて下さいました。

仕事を選ぶために、これから様々な選択をしていく生徒たちにとっては貴重な経験です。

 

続いては、共立メンテナンス様が運営する学生寮へ歩いて移動し、寮内を見学します。

寮長さんから寮の概要や1日の業務内容などを伺った後、設備などを見学し、他の寮の案内もしていただきました。

 

ラウンジをお借りして、いただいた資料に目を通します。 真剣にパンフレットを見ながら「自分だったら〇〇の寮に住みたい」など、感想を言い合いました。

 

そして、共立メンテナンス様が運営する「ドーミーインPREMIUM神田」へ移動。

ホテルスタッフの方に業務内容を伺ったり、複数のタイプの客室を見学しながら、それぞれの特徴や違いを紹介していただきます。

客室のタイプによって用意されているアメニティが異なったり、浴室の作りが違ったりしている点に、多くの生徒が注目し、お客様をお迎えする気配りや心遣いに興味を惹かれていたようでした。

 

最後はホテルの前で記念撮影。 お客様のことを考えたサービスを多く学ぶ1日となりました。

 

続いては、職場見学第2弾。

羽田空港にある全日本空輸株式会社様(ANA様)と 日本航空株式会社様(JAL様)の整備場を訪問しました。

朝9時から新整備場駅に集合し、整備場へと向かいます。

この日は天気にも恵まれ、生徒たちは移動時間も楽しんでいる様子。

 

整備場に着くと、さっそく写真撮影。 見学者が楽しめるような撮影スポットが多数用意されていたのです。

こちらは制服を着用して、写真を撮れるコーナー。

 

実際の機内に設置されているものと同じタイプの座席に座ることもできます。

 

その後の説明を聞く時間では、飛行機の種類や安全運行を支える仕組み、空港での業務に携わる方々の業務内容、飛行機が空を飛ぶメカニズムなど、様々な知識を得ることが出来ました。

お話を聞き、生徒たちの関心が高まったところで、いよいよ格納庫へと足を踏み入れます。

 

真横に伸びる主翼と、大きな機体、そして飛行機が丸ごと収まってしまうほど広大な格納庫。

格納庫の大きさや間近で見る飛行機の迫力に、生徒たちからも歓喜の声があがります。

 

実際に機体を見ながら説明を聞いた後は、飛行機をバックに記念撮影。

 

格納庫内を見学させていただいたことで、整備士の方がどのような仕事をしているのかを学び、これだけ大きな機体をトラブルなく運行させるためには、大変な努力と徹底した管理体制が取られていること知りました。

 

「飛行機を支える人たちの仕事を見ることができたのが貴重な経験だった。ドラマでしか見ることができないものを、目の前でリアルにみることができてよかった」

 

「これから飛行機を利用する機会には今回のことを思い出しながら利用しようと思ったし、飛行機に乗ることが楽しみになりました。」

 

「夜間に帰ってきた飛行機を一晩で整備して、翌朝には安全な状態で送り出しているということにとても驚きました」

 

飛行機に関わる仕事についてだけではなく、見学者を楽しませてくれる工夫や危機管理についても学ぶことができ、生徒たちからは知識を深めるよい体験ができたことが伝わってくる感想が寄せられました。

一覧へ戻る

その他の記事

代々木キャンパス
2018/11/13

特別な衣装を身に纏う1年に1度の特別な日 「ハロウィンパーティー」

代々木キャンパス
2018/11/05

【プロジェクトN】リアル脱出ゲーム制作「プレイデイ」

代々木キャンパス
2018/10/16

半年に一度のプログラミング クラス「成果発表会」