カドカワが創る新しいネットの高校

N高ブログ

【プロジェクトN】Netflixとの特別合同授業 「ネットいじめ」について考える

 

6月27日、世界190ヶ国以上の国で映像配信事業を展開するNetflix株式会社様(以下、Netflix)との合同特別授業が、代々木キャンパスで実施されました。今回の授業のテーマは、

「Netflixオリジナルシリーズ『13の理由』で考えるSNS世代の高校生が抱える悩み ~その時あなたならどうする?~」。

 

Netflixで配信されているドラマ、『13の理由』(※)を題材に、「深刻化するいじめ」や、「身近な人たちとの信頼関係」について考え、より理解を深めることを目的としています。授業は自由参加でしたが、開催場所である代々木キャンパスには約80名、他キャンパスからのライブ中継で参加した生徒が約170名、合計約250名もの生徒が参加しました。

 

(※)『13の理由』とは…Netflixで配信されている社会的なテーマを扱った作品のひとつで、若年層の悩みをリアルに描いたドラマ作品

 

授業にはゲストとして、2名の方が登壇されました。ネット上で中傷被害を受け続けた経験から、インターネットに関する講演や執筆活動をされている芸人・タレントのスマイリーキクチさん。

過去にいじめに遭った経験を持ち、現在はYouTubeにて「とある男が授業してみた」をはじめ、教育関係の動画を配信して人気を博している教育系YouTuber、葉一(はいち)さん。

お二方からの経験に基づくアドバイスをいただきながら、パネルディスカッション式で授業がおこなわれていきました。

 

 

 

『13の理由』のドラマの中で起こる、友人同士のすれ違いが起きてしまう場面や、自分自身がいじめに遭ったり、他人がいじめられているのを目撃し、主人公が苦しむ場面を実際に映像で視聴しながら、

 

「自分なら何ができるか?」

「どうすればすれ違いを防ぐことができたか?」

など、生徒たちは考えを巡らせていきます。授業中に挙がった意見は、匿名で投稿ができるオンラインツールで逐一共有され、最終的には2500件を超える意見や質問が投稿されました。

 

 

現実感のあるシーンをドラマで見ることで、生徒たちも「いじめ」や「信頼関係」について、当事者意識を持って考えることができたようです。

最後はスマイリーキクチさん、葉一さんからN高生へのメッセージをいただき、授業は終了となりました。

 

※特別合同授業の様子はコチラでもご紹介しています。

一覧へ戻る

その他の記事

代々木キャンパス
2018/11/13

特別な衣装を身に纏う1年に1度の特別な日 「ハロウィンパーティー」

代々木キャンパス
2018/11/05

【プロジェクトN】リアル脱出ゲーム制作「プレイデイ」

代々木キャンパス
2018/10/16

半年に一度のプログラミング クラス「成果発表会」