カドカワが創る新しいネットの高校

N高ブログ

「ハロウィンパーティー」開催!

 

※このブログは、横浜キャンパスの1年生、芦野倫太郎さんに書いていただきました。

 

横浜キャンパスでは、10月31日に「ハロウィンパーティー」を実施いたしました。

当日にむけて、キャンパス全体の装飾デザイン、装飾品のイラストを描く担当など、役割分担を事前に決め、みんなで着々と準備を進めていました。

 

「ハロウィン」ということで、もちろん仮装もしました。全国8キャンパスを中継でつなぎ、各キャンパスでベスト仮装者を代表として一人ずつ選出しました(代々木キャンパス、心斎橋キャンパスは人数が多いため二人選出しました)。

その中からさらに「TOP3」を決定します。

 

残念ながら横浜キャンパスは「TOP3」に入ることはできませんでしたが、インパクトあるコスチュームに他のキャンパスの生徒も笑いをこらえきれなかったようです。

それぞれが自分の個性を生かし、コスプレをしたりメイクをしたりと、こだわりのある格好で参加していました。

 

 

 

仮装コンテストが終わった後は、「ホラー監獄からの脱出」というゲームを行ないました。

企画をしてくれたのは、こちらの2名の生徒です。

 

このゲームのルールは、「ゾンビ」、「ミイラ」、「コウモリ」、「クモ」、「ガイコツ」、「魔女」、「十字架」、「吸血鬼」、「おばけ」の9つのチームに分かれ、全員の手を縄で繋ぎます。縄の一部には鍵がかかった手錠がついており、はずすことはできません。

その状態でチームで力をあわせて「謎解き」に挑戦。8問すべてクリアしたときに鍵の在り処がわかり、縄をはずすことができます。今までで挑戦したことのない“謎解きからの脱出”だったので、とても楽しかったです。

 

 

ゲームをクリアできたチームは合計で9チーム中5チームでした。

もちろん、ゲームですので負けた(謎が解けなかった)チームには罰ゲームがありました。

その内容は、勝った(謎を解けた)チームが負けたチームのメンバーの顔に落書きするというものでした!

 

2ヶ月前から企画を考え、デザインからゲームの内容まで、みんなに楽しんでもらえるようにと何回も何回も手直しを加え、やっとの思いで完成させたこの「ハロウィンパーティー」。

とてつもなく絆が深まった行事であったとライターである私は心の底から実感しました。この企画によって、前回の企画よりもさらに仲を深めることができたと思います。

 

横浜キャンパスではこのように生徒が主体となって、企画の中心となるメンバーから企画を立案してもらい、予算案などを定め、決められた範囲内で実施しています。

私は「ハロウィンパーティー」を通し、横浜キャンパスの生徒がまた新たな一歩を踏み出したと思いました。

それぞれが高みを目指すことで互いに競争心を刺激し、自律性や発想力を学ぶことを経験し、それが将来のためになる重要な武器になると思っているからです。

一覧へ戻る

その他の記事

横浜キャンパス
2018/12/04

「キャンパスフェスティバル」 に向けて、全力で準備しています

横浜キャンパス
2018/10/24

グループ面談 自分の考えを伝え、他者の意見に耳を傾ける

横浜キャンパス
2018/10/17

10月から12名の新しい仲間が加わりました