カドカワが創る新しいネットの高校

N高ブログ

議論をより充実したものにする「グル面向上委員会」発足

 

N高・通学コースでは、放課後にTA(ティーチング・アシスタント:以下TA)と生徒数名によるグループ面談を毎週実施しています。目的は、ディスカッションを通じて自分の意見を論理立てて説明したり、他者の意見を客観的な視点で受け止めて判断する力を身につけること。TAはその話し合いをファシリテーター(進行役)としてサポートしています。

 

グループ面談ではニュースや社会課題などを題材に、さまざまな事柄が議題として取り上げられます。これまでにも「救急車の有料化の是非」や「成人年齢の18歳引き下げについて」、「オリンピックのボランティア募集について」など、話題になっている問題について話し合いました。

実際に「自分の意見を伝えられるようになった」、「自分とは違う人の意見を聞き、改めて自分の考えや価値観を見直すのが楽しい」という声があり、生徒も自身の成長を実感しています。

 

そんなグループ面談をより良い議論の場にするため、名古屋キャンパスでは有志の生徒約10人とTAが集まり「グル面向上委員会」が発足しました。目的は、人前で話すことが得意でない生徒も議論に参加できるようにサポートすること。

グループの関係構築や他の生徒の意見の受け止め方、どのようなファシリテートがより議論を活発にするかなどを話し合います。

 

生徒たちの想いが結集することで誕生した「グル面向上委員会」。

今あるものをより良くしたいという気持ちが自然に芽生え、それを実行に移すことができたという点にも生徒たちの確かな成長を感じさせられました。

今後も「グル面向上委員会」の活動と成長が楽しみです。

一覧へ戻る

その他の記事

名古屋キャンパス
2018/12/27

最後の1日まで盛りだくさん、2学期の「終業式」

名古屋キャンパス
2018/11/19

名古屋キャンパス「キャンパスフェスティバル」の実行委員を紹介します

名古屋キャンパス
2018/10/30

【沖縄研修旅行】いざ南の島へ!他キャンパスの仲間たちと交流を深める