カドカワが創る新しいネットの高校

N高ブログ

祝開校!~京都キャンパスの取り組み~

 

 新年度から京都キャンパスが開校しました。
「キャンパス長から新入生へのメッセージ」と合わせて、キャンパスの様子をご紹介します。

 

【京都キャンパス長 倉本龍から新入生へのメッセージ】
今のみなさんには可能性しかありません。その可能性をめいっぱい引き出すために、私たち教職員が皆さんを全力でサポートし、一緒に盛り上げていきたいと思います。

 

 

 


 

※このブログは、2年生、住井さん、1年生、久村さん、雲鶴さん、堤さんの4名に書いていただきました。

 

京都キャンパスでは、「ブログ専門部」を立ち上げ、原稿の作成、写真撮影、掲載する写真選択までおこなっています。

現在は、住井、久村、雲鶴、堤を中心に活動していますが、今後も仲間を増やしていく予定です。まず最初に…。

 

京都キャンパスってどこにあるの?

京都駅正面口から「京都タワー」、「東本願寺」を左手に見ながら、真っ直ぐに進みます。古都京都の歴史や情緒を感じながら歩くこと約20分。四条の“とあるビル”の9階からは賑やかな生徒たちの声が聞こえてきます。校舎に入ると、大きな窓からは京都の街並みを一望できる景色。

 

4月に開校した京都キャンパスから、初めての記事をお送りします。

開校式

4月16日、キャンパスの開校記念に「開校式」を実施しました。この「開校式」はこれから始まるキャンパスの歴史のひとつとなるメインイベントです。内容は、

1.それぞれが京都キャンパスで叶えたい夢、学校生活への抱負、目標などを好きな色の付箋に記入する

2.書いた付箋をガラス窓に貼って全員で写真撮影

 

というとてもシンプルなものですが、みんなの思いや、夢などを知ることができるいい機会となりました。「友人を作る」、「夢を見つける」、「大学受験」など、思いが込められた53枚の付箋がガラス一面を飾りました。

写真撮影用のスペースを作るために机やソファーの移動から始めます。まさに「初めての共同作業」。

さらに全員で声を揃えて「開校します!」と宣言もして、生徒たちの間に一体感が生まれました。

 

自動販売機の導入式~テープカットの瞬間~

もうひとつ、生徒たちが楽しみにしていたことがありました。実は新設された京都キャンパスには、入学式の時にはまだ自動販売機がありませんでした。先生方には、「自動販売機がいつ来るのか」、「食べ物の自動販売機もあるのか」など、たくさんの質問や要望が寄せられました。

ある日の朝、「プロジェクトN」の授業を受けていると大きな機材を持った方々がキャンパスに入ってきました。この光景を見た生徒たちはザワザワザワ…なかなか落ち着けません。

白くて四角い大きな長方形の箱、運び込まれるペットボトル飲料。そうです!ついに京都キャンパスに自動販売機が設置されました。

「ただ置くだけでは面白くない!」ということで、イベントが大好きな京都キャンパス。

「新幹線」の開通式のようなイベントを企画しました。

お昼には、先生方が用意してくれた赤いリボンを使って「テープカット」がおこなわれ、リボンを切る人を誰にするか、初めての購入する権利は誰に与えるかなどをみんなで話し合い、協力しながらイベントは進められていきました。

 

 

記念すべき1人目の購入者はみんなに見守られ、少し恥ずかしそうにはにかみながらも飲み物を購入。

また1人、頼もしい仲間が増えた1日でした。

 

「プロジェクトN」について

賑やかな京都キャンパスでおこなわれている「プロジェクトN」の授業の1つを紹介いたします。

「プロジェクトN」では、コンセンサスゲームや、傾聴力を身につける練習、自己紹介などをして、思考力やコミュニケーション力を培っています。その中から「コンセンサスゲーム」の内容を紹介します。

今回のルールは

1.いくつかのグループにわかれる

2.まずは一人ひとりが「雪山で遭難した10人が生き残るために必要な道具」10個を自分が重要だと思う順番に並べる

3.グループの中で「リーダー」、「結論をまとめる係」、「話し合いの残り時間を確認する係」を1人ずつ決め、グループで自分の意見を発言しながら話し合い、最後にグループの意見としてまとめる

4.「模範解答」を見ながら自分たちで決めた優先順位との点数の差を出す

 

「模範解答」と点数の差がかなりついたグループもあれば、ほぼ一致していたグループもありました。みんなそれぞれにいろいろな思いつきがあり、発表の内容は、とても面白かったです。

このように「プロジェクトN」の時間には様々なことを実践して、お互いの理解を深める有意義な時間を過ごしています。

一覧へ戻る