カドカワが創る新しいネットの高校

高卒資格取得

基礎からしっかり学び、将来につなげよう。
キャンパスで学習をサポート。

学習計画・進度に合わせて
個別指導でしっかりサポート

高校卒業資格取得のために、N高だからできることがあります。手厚い担任サポートやネットをいかした便利な学習方法を用意しています。

Basic Program - ベーシック プログラム-(高校卒業資格取得のための必修授業)

ベーシックプログラムとは、高校卒業資格を得るために必要な学習です。ベーシックプログラムは大きく分けて3つあります。日常的に行うネット学習(映像学習とレポート)、校舎等で学習するスクーリング、テストです。この3つが高校卒業資格取得のための必修授業となります。

通学コースでのBasic Programの受講の仕方

自宅又はキャンパスでの学習
映像学習
レポート(添削指導)
キャンパスでの学習
集中型スクーリング
(面接指導)

年5日間程度集中的にキャンパスで行われる対面授業

特別活動
(校舎外での活動含む)
テスト(試験)

普段の学習は映像学習で行い、年5日間程度、集中的にキャンパスで行われるスクーリングでベーシックプログラムを学びます。

※ 標準履修でかつネット学習の状況により適用される日数。標準履修モデル以外の科目や26単位以上履修の場合は複数回スクーリングへの参加が必要になる場合があります。

ネット学習の流れ

手軽で丁寧なネット学習

映像学習やレポートはネット上で行うので郵送の手間もなく、自分の好きなペースで手軽に学習を進めることができます。

図

1 映像学習
映像授業では、教科書をページ毎に丁寧に解説。分からないところは何度でも繰り返し学習できます。
2 確認テスト
映像学習で学んだことが身についているか確認テストを受けます。映像授業はしっかりと視聴しましょう。
3 レポート提出
一定の単元まで映像学習と確認テストを終えたら、レポートを提出します。レポートは問題形式で構成されます。つまづいたところは、教科書や映像授業を復習しながら学習を進めましょう。
4 レポート添削
提出したレポートは、先生が添削してフィードバックします。解答解説や先生のアドバイスを見てさらに理解を深めましょう。
5 レポートの復習
スクーリング時に受けるテストは普段のレポート学習が重要となります。ネット上(学習システム上)から質問もできますので分からないところがあればどんどん活用しましょう。

1に戻る

映像授業は東京書籍の教科書授業インターネット講座を使用

検定教科書の最大手、東京書籍株式会社が制作した映像授業を使用するため、授業もしっかりと安心して学ぶことができます(使用する教科書も東京書籍の教材です)。加えて、一部教科にはN高オリジナル版も用意し、生放送授業も定期的に実施します。

図

進み具合はマイページでチェック

学習の進み具合はマイページからいつでも確認できるため、次にどの単元を勉強すれば良いのか、いつまでに学習をすれば良いのかがすぐにわかります。学習をしていてわからない箇所は、担任に質問もできます。また、マイページは担任とも共有しており、学習の進んでいない生徒には、担任から直接連絡をして状況を把握しながら学習を促すことも行います。

※マイページは保護者の方も確認することができます。

図

進捗状況の確認

図

レポート成績の確認

その他の学習