KADOKAWAが創る新しいネットの高校

ニュース・トピックス

本日より、N高通学コースがオンラインで週替わり特別授業を実施
~総勢7名の特別講師と授業内容を公開~

 

学校法人角川ドワンゴ学園 N高等学校(以下、N高)通学コースは、5月18日(月)~6月25日(木)の期間、社会の第一線で活躍する講師による週替わり特別授業を開始します。

 

N高通学コースでは、課題解決型学習(PBL)「プロジェクトN」を中心に、社会で必要なスキルを身につけるためのアクティブラーニングの授業を行っています。実社会を題材に、生徒がプレゼン、ディスカッション、思考法、プロダクト制作などを通して答えがない課題に取り組み、解決策を導き、発表します。同授業には、社会の様々な分野で活躍する方をお招きし、各分野の生の声を聞くなど社会との接点を増やすことを意識したカリキュラムを行っています。

 

通学コースでは、新型コロナウイルス感染拡大の下でも、通学することを前提とした授業をオンラインに切り替え、多くの学校活動を通常通り行っていますが、本来であればキャンパスに通う生徒たちが在宅で学ぶことを余儀なくされている状況は、これまで注力してきた社会との接点が希薄になりがちです。そこで、インターネットを活用し、様々なバックグラウンドを持った講師による特別講演にて話を聞く機会を従来より多く設け、自宅にいながら多様な価値観に触れあう機会を創出します。

 

 

■特別授業一覧

※授業のタイトル・概要・日時は変更されることがあります。

 

5月18日(月)13:15~14:05 「オンライン期間だからこそ伝える、中高校生が挑戦すべきこと」

<講師>夏野剛(慶応義塾大学招聘教授、学校法人角川ドワンゴ学園 理事)

<内容>新型コロナウイルス感染拡大は、会社・学校などあらゆる社会組織が、多くの変革を必要とする機会となりました。経営者・大学教授・学園理事など、多くの顔を持つ講演者の視点で、オンライン期間で自宅にいる生徒たちに、中高生のうちに挑戦して欲しいことを伝えます。

 

5月19日(火)10:45~12:35 「ひとり遊びのすすめ」

<講師>宇野常寛(評論家/「PLANETS」編集長)

<内容>クラスの真ん中で(大した根拠もなく)自分は世界の中心だとふんぞり返っているような連中の時代はもう、終わった。いや、終わらせなければならない。N高・N中等部とはその革命の拠点である……。と勝手に思っている中年男性が世界の真実を告げる100分間。君は、刻(とき)の涙を見る……

 

5月25日(月)13:15~14:05 「N高らしい夢の叶え方」

<講師>古川享(日本法人マイクロソフト初代代表取締役社長)

<内容>実はカリスマ的なリーダーは時代遅れ?最新の技術動向から、ビル・ゲイツやスティーブ・ジョブズの生き方を参照しつつ、ネットの時代におけるリーダー像について語る授業です。相互に認めながら、尚且つ、人を引っ張っていく才能。N高・N中等部らしい飛翔の仕方を伝えます。

 

5月26日(火)15:15~16:05

<講師>柳澤大輔(面白法人カヤック代表取締役CEO)

 

6月2日(火)、6月9日(火)10:45~12:35 「1週間でできるエンタメ企画の作り方」

<講師>西澤匠(リアル脱出ゲームプロデューサー)

<内容>「自分の企画を実現しよう」「やりたいことを見つけよう」これは、よく言われるがなかなか難しいこと。この授業では、ハードルを下げて「1週間後にできるエンタメ企画を考えて実現する」というアプローチから、企画力を鍛えます。

 

6月15日(月)13:15~14:05 「日本語から深掘りするコミュニケーションの極意」

<講師>冲方丁(作家)

<内容>通学コースでも学ぶ機会が多い、コミュニケーションスキル。

社会で活躍するのに必要なこの力を、古文・現代語など、日本語の視点から極めます。

 

6月25日(木)15:15-16:05 「中高生の為のデジタル制作のすすめ」

<講師>40mP(ボカロプロデューサー)

<内容>N高・N中等部の通学コースの生徒は全員がMacBookを所持しており、デジタル制作に挑戦しやすい環境にあります。本授業では、「どういう風にスキルを磨くと良いのか?例えば、どういう風に情報収集すれば良いのか?」といった考え方が学べます。DTMでの制作の様子を紹介します。デジタル制作の楽しさを感じましょう!

 

 

<通学コース オンライン期間 プロジェクトN 週替わり特別授業 概要>

【タイトル】通学コース オンライン期間 プロジェクトN 週替わり特別授業

【期間】2020年5月18日(月)~6月25日(木)

【対象】N高通学コース生 及び N中等部通学コース生

      ※高校生向けの授業「プロジェクトN」をベースに、N中等部通学コースの生徒も参加します

【受講形式】ビデオ会議ツール「Zoom」を使用し、講師は自宅または職場から配信し、生徒はそれぞれが自宅からオンラインで受講します

一覧へ戻る

学校法人角川ドワンゴ学園は、
N高等学校以外にも
さまざまな学びの場を提供しています