KADOKAWAが創る新しいネットの高校

ニュース・トピックス

N高 3チームが「2020年度 未踏ジュニア」に選出

 

一般社団法人未踏が主催し、文部科学省、経済産業省が後援する「2020年度 未踏ジュニア」において、N高等学校・3年の鎌谷天馬さん、髙木皓介さん、2年の萩原爽太さん・大垣 連さんのチームのプロジェクトが、1次選考(書類選考)、2次選考(オンライン面接)を通過し、「未踏ジュニア」プロジェクトに採択されました。

 

未踏ジュニアは、独創的なアイデア、卓越した技術を持つ17歳以下の小中高生及び高専生を支援するプログラム。

採択者は、担当メンターをはじめ、各界で活躍するエンジニア・専門家から指導が受けられたり、開発資金や開発場所が援助されます。

また、採択者全員が集まる合宿も開催され(今年度は新型コロナウイルスの影響を鑑みて、オンライン開催を検討中)、自分たちのプロジェクトにフィードバックを得られる、貴重な機会も提供されます。

 

鎌谷天馬さん

【プロジェクト名】GUInfra 

【プロジェクトの詳細】 GUI(※)でチャートを作成するような感覚で、簡単にインフラの構成定義やリソース作成、破棄が行えるアプリケーション

※GUIとは……グラフィカルユーザインターフェース(Graphical User Interface)の略語。画面上に表示されるウィンドウやアイコン、ボタン、プルダウンメニューなど操作できるインターフェース。

 

〈鎌谷さんコメント〉

僕は去年も未踏ジュニアに応募したのですが、その時は落ちてしまいそのリベンジという形で今回応募したので、採択していただけてとても嬉しく思っています。今後も手を抜かず、受験勉強と両立させつつスーパークリエイターを目指してがんばっていこうと思います!

 

髙木皓介さん

【プロジェクト名】ブラウザOSの開発

【プロジェクトの詳細】増え続けるセキュリティとプライバシーの問題に対してブラウザOSによって解決策を見出していきます。

 

〈髙木さんコメント〉

未踏ジュニアに採択されてとても嬉しいです。このプロジェクトは未踏ジュニアだけでは到底終わらないので未踏ジュニアも含め、その後も頑張っていきます。

 

萩原爽太さん・大垣 連さん

【プロジェクト名】 Align

【プロジェクトの詳細】新しいチャットアプリをゼロからつくっていきます。理想の体験をもとに機能を練るところから、フロントエンド・サーバーサイドの開発、デザイン、運用、ユーザーへの検証、ユーザーを増やす作業などをすべて行い、ひとつのアプリとして成り立たせることを目指します。

 

〈萩原さんコメント〉

みんなの手元にいい体験を届けられるように開発がんばります。

 

〈大垣さんコメント〉

サービス成功への一歩を踏み出せてうれしいです。やるべきこと・考えなければいけないことが無限にありますが、とりあえず第一の目標であるリリースに向けて開発して検証していきたいと思います。リリースしたらインストールしてくれると嬉しいです。

一覧へ戻る

学校法人角川ドワンゴ学園は、
N高等学校以外にも
さまざまな学びの場を提供しています