KADOKAWAが創る新しいネットの高校

ニュース・トピックス

N高通学コース、課題解決型学習「プロジェクトN」
「ドラゴン桜2」桜木建二先生から“読解力”を学ぶ特別授業を実施
~読解力の向上を通して社会を理解する力を育む~

 

学校法人角川ドワンゴ学園 N高等学校(以下、N高)通学コースは、課題解決型学習(PBL)「プロジェクトN」の授業にて、2020年6月4日(木)~6月25日(木)の期間、大人気コミック「ドラゴン桜2」に登場する桜木建二先生による“読解力”をテーマにした特別授業を実施します。

 

「プロジェクトN」は、実社会を題材に、自ら答えがない課題に取り組み、解決策を導き、発表することで、予測困難で正解のない社会で生きるために必要な創造力を育むカリキュラムです。今回の課題である”読解力”は、科目の勉強だけでなく社会を理解することにもつながります。

 

本授業は、読解力を高めることにより、読書や動画視聴をした際の理解力を上げ知識吸収の効率化をUPさせること、要約する力を付けコンパクトで精度の高いプレゼンができる能力を身につけることを目指します。最終日は、「ドラゴン桜」の編集を担当し、バーチャルYouTuber「桜木建二」の中の人である佐渡島庸平氏が生徒たちへ直接課題の講評を行います。

 

対象は、通学コースに週5日通う生徒とし、後日、桜木先生の授業動画を学習アプリ「N予備校」にてN高生限定で公開します。

 

■バーチャルYouTuber「桜木建二」とは

三田紀房氏原作、累計発行部数約600万部大ヒット作「ドラゴン桜」の主人公。元暴走族のリーダーから東大卒の弁護士になった経歴を持つ。2018年12月27日よりバーチャルYouTuberとしてデビュー。2020年5月に行われた「令和二年度 N高オンライン入学式」の司会を務める。

 

 

<「ドラゴン桜2 桜木建二先生による“読解力”特別授業」概要>

【日時】2020年6月4日(木)~6月25日(木)の計4回(毎週木曜日)

【講師】桜木建二(教育系バーチャルYouTuber)、佐渡島庸平(編集者)

【授業内容】「ドラゴン桜2」の本編に登場する”読解力”の授業が、パワーアップして現実の授業で登場

  1. 導入、問いの立て方:読解力とは何か、身につけると何ができるようになるか、問いを立てることで出題者が込めた意図を理解する
  2. 具体と抽象:具体化と抽象化の仕方を理解し、事象の理解力・説明力を上げる
  3. 要約実践:小泉八雲「雪女」を題材に要約する力を訓練。要約に必要などの内容にフォーカスするか学ぶ
  4. 課題講評:「TED」または、YouTube「編集者 佐渡島チャンネル【ドラゴン桜】」の中から動画を1本選び、400字以内で要約する課題を講評

一覧へ戻る

学校法人角川ドワンゴ学園は、
N高等学校以外にも
さまざまな学びの場を提供しています