KADOKAWAが創る新しいネットの高校

ニュース・トピックス

~オンラインでワークショップ開催~
パラリンピック金メダリスト 河合純一氏に訊く
「自分の弱さとの付き合い方」

 

学校法人角川ドワンゴ学園 N高等学校(以下、N高)は、2020年6月22日(月)に元競泳選手でパラリンピック金メダリストの河合純一氏をお招きし、「自分の弱さとの付き合い方」をテーマにオンライントークイベントを実施します。

 

N高はインターネットを活用した“ネットの高校”として、オンラインで多くの学校活動を行っています。新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止していた職業体験やワークショップ、プロジェクト学習のオンライン化にも挑戦し、日本各地の地方自治体、企業、大学、NPO、専門家の方々と連携して、生徒が将来の自分の仕事について考える機会を提供したり、全国各地のN高生と一緒に高校生活を楽しめる環境作りを目指しています。

 

今回のオンライントークイベントは、ビデオ会議ツール「Zoom」を使用した参加型のイベントで、さまざまな困難を乗り越えてきた河合氏に半生や経験を話していただいた後、N高生が河合氏に直接質問して双方向のやりとりをします。“次の一歩に踏み出したいけど踏み出せない” ”自分自身と向き合うことが苦手“など、生徒たちの実際の悩みについてオンライン上で対話しながら、今回のテーマ「自分の弱さとの付き合い方」を掘り下げていきます。

 

■河合純一氏プロフィール

1975年、静岡県浜松市生まれ。日本パラリンピック委員会委員長。パラリンピックには、1992年バルセロナ大会から、2012年ロンドン大会まで、6大会連続出場し、競泳種目で金メダル5個を含む21個のメダルを獲得。2016年には、偉大な功績を残した選手やコーチを称える「パラリンピック殿堂」に日本人として初めて選出される。母校でもある舞阪町(現・浜松市)立舞阪中学校で、8年間、社会科の教師を務めた経験を持つ。

 

 

 

<河合純一氏 オンライントークイベント「パラリンピック金メダリストに訊く 自分の弱さとの付き合い方」 概要>

【日時】2020年6月22日(月)15時00分~17時00分

【ゲスト】河合純一氏

【内容】「自分の弱さとの付き合い方」をテーマに河合氏とN高生10名がオンラインで対話

一覧へ戻る

学校法人角川ドワンゴ学園は、
N高等学校以外にも
さまざまな学びの場を提供しています