ニュース・トピックス

ヤフーの事業プランアドバイザーにN高生が参画

 

ヤフー株式会社が実施したギグパートナーの募集に、約4,500名以上が応募した中、N高起業部の中澤治大さん(2年)が、最高執行責任者(COO)小澤隆生氏と「ヤフーのこれから」をテーマに事業戦略等の立案を担当する事業プランアドバイザーの一人として参画することになりました。

 

<生徒のコメント>
1年間、日本最大級のイベント開催や企業でのCS責任者経験、代表としての起業などの実務経験を一つ発揮できるような環境を探していました。そして、その経験をアドバイザーという形でコンサルティングし自分の経験をレベルアップしたいと考え、応募しました。
また、テレワークという考え方がコロナ禍で広まった中、いち早く経歴年齢学歴不問(一部のギグパートナーポジションを除く)のギグパートナーという新しい働き方を導入した、柔軟なヤフー株式会社のもとで働いてみたいと思ったからです。
自分のだせる最大限のパワーを使って、コロナ禍の世の中の移り変わりに対し、高校生・学生起業家という観点からフレキシブルな提案を行い、ヤフーに貢献したい。
そして、このありがたいご縁を0にせず、なんらかの形でここから新たな仕組みや制度を共に創り上げていきたいと考えております。

 

<主な業務内容>
・ZOZOや一休などにおける、グループシナジーをさらに高めるための戦略立案
・これまでにない新しいメディアサービスの企画立案
・年間利用者数8000万人を生かした顧客価値最大化のための戦略立案
ヤフー株式会社から提供される情報をもとに事業プランを検討し、その後COOの小澤さんと提案、議論の場に臨みます。

 

<募集要項>
https://about.yahoo.co.jp/hr/job-info/role/1257/

CONTACT

ネットの高校について
詳しくはこちら