ニュース・トピックス

美術部「パソコン甲子園2020」で入選

 

N高等学校の美術部の生徒3名が、「パソコン甲子園2020」のいちまいの絵CG部門において、入選しました。

 

パソコン甲子園2020(正称:第18回全国高等学校パソコンコンクール)は、会津大学・福島県・全国高等学校パソコンコンクール実行委員会の主催で2003年から毎年開催されている、全国の高校生、高等専門学校生等がパソコンによる情報処理技術を競う競技大会です。

 

「いちまいの絵CG部門」では、与えられたテーマに基づいて描かれたCG作品が、技術力や独創性などから総合的に審査され、入選作品が決まります。

 

今大会におけるテーマは「食」。応募総数284名の中から、N高等学校2年の徳井伶夏さんの作品『日本食の朝、味噌の香り』、佐藤みゆさんの作品『キッズダイナー!』が優秀賞、1年の山田明季さんの作品『おいしくなぁれ♪』が佳作に入選し、輝かしい成績を収めました。

                                 

優秀賞『日本食の朝、味噌の香り』

〈徳井伶夏さんコメント〉

優秀賞を頂くことができて、とても嬉しいです。ありがとうございます!「和食が健康な体と心を作る」ということをこの一年を通して学んでいたので、発想をイラストで表現でき納得の行く作品が作れたと思います。

 

 

優秀賞『キッズダイナー!』

〈佐藤みゆさんコメント〉

賞を頂けて嬉しいです!ごちゃごちゃした絵で大変でしたが、細かい添削指導と迫り来る締め切りのおかげでなんとか作品を完成できました。先生方ありがとうございました。またイラストで何か挑戦できればと思います。

 

 

 

佳作『おいしくなぁれ♪』

〈山田明季さんコメント〉

イラストコンテストへの応募は初めてでしたが、佳作に入選することができてすごく嬉しいです。添削をしてくださった特別顧問のHamada先生、応募するにあたって相談にのってくださった高野先生に本当に感謝しています。これからもいろいろなコンテストに挑戦してみたいです!ありがとうございました。

 

 

■「パソコン甲子園2020」いちまいの絵CG部門入選作品

http://web-ext.u-aizu.ac.jp/pc-concours/2020/final/f_cgaward.html

CONTACT

ネットの高校について
詳しくはこちら