ニュース・トピックス

農林水産省×N高「エコプロOnline2020」で
農業遺産地域の課題解決のためのプレゼンを生配信

 

学校法人角川ドワンゴ学園N高等学校(以下、N高)通学コースは、課題解決型学習「プロジェクトN」で取り組んでいる「農業遺産を後世に継承する6次産業化アイデア」の企画を考える「農業遺産のミライプロジェクト」の一環として、11月27日(金)午前9時45分~11時35分に、アジアを代表する環境展示会「エコプロ Online2020」農林水産省オンラインブース内の配信チャンネルで、選抜チームによる企画書プレゼンテーションをライブ配信します。

 

【 エコプロOnline2020 : https://eco-pro.com/2020/page/sdgs.html

※視聴には事前登録が必要となります。開催後、2020年12月25日(金)までアーカイブを公開予定です。

 

現在、農業者の数は減少し続けており、農業者数の減少は日本の食料自給率の低下を招き、海外からの輸入に頼る割合の増加につながります。それは、自国でコントロールしきれない問題が発生する可能性をはらんでおり、世界的な人口増加による食料需要の増大や、異常気象による生産減少等のリスクのほか、自然災害や輸送障害による輸入停止の可能性も高まります。「農業遺産のミライプロジェクト」では、持続可能な開発目標「SDGs」の視点を加え、日本の農業を未来に継承していくために、農林水産省の協力のもと、一過性ではない、後世に渡って“持続的に”継承される農業のブランド化の企画提案に挑戦しています。

 

生み出すアイデアは、生産して出荷するだけでなく、1次(生産)・2次(加工)・3次(流通・販売)それぞれの産業を融合することにより、新しい産業を形成しようとする6次産業化をベースとします。国連食糧農業機関(FAO)、農林水産省が認定している、将来に受け継がれるべき重要な農林水産業システムである「農業遺産」に着目し、生徒たちは、農林水産省から期待された、6次産業化コーディネーターとなって、農業遺産を後世に継承する6次産業化アイデアを提案します。提案には、①今できる技術を用いて、②未来の世代に継承させるための、③6次産業化アイデアを企画しているかの3点が盛り込まれます。SGDsは「2030年に到達すべき目標」で、10年後に実用化できる技術では間に合いません。現在ある技術か、少なくとも5年後程度に実用化している技術で企画をしていきます。また、短期的・一過性のプロモーションではなく、未来も続けられるアイデアで、生産から消費までを総合的に企画していきます。

 

<エコプロOnline2020での農業遺産地域の課題解決のためのプレゼンイベント 概要>

【日時】2020年11月27日(金)午前9時45分~11時35分

【参加者】N高生徒選抜チーム

【審査員】原孝文氏(農林水産省鳥獣対策・農村環境課長)

仲野真人氏(6次産業化エグゼクティブプランナー/株式会社食農夢創代表取締役 )

【内容】各チームが4分間のプレゼンテーションを行い、審査員が講評します。

     ※選抜チームを含め、全チームの企画書を特設サイトに掲載します。詳細は農林水産省ブースをご確認ください。

 

エコプロOnline 2020開催概要

【名称】エコプロOnline 2020

【会期】2020年11月25日(水)~28日(土)[コアタイム 10:00-17:00]

※会期後、12月25日(金)までアーカイブを公開

【主催】日本経済新聞社、一般社団法人サステナブル経営推進機構

【入場料】無料(登録制)

日本にある農業遺産

農業遺産とは、伝統的で持続的な農林水産業を営む地域を認定し、次世代への継承を目指すもので、国連食糧農業機関(FAO)が認定する「世界農業遺産」と、農林水産大臣が認定する「日本農業遺産」の2つがあります。令和2年11月現在、「世界農業遺産」は22カ国62地域、我が国では11地域が認定されており、「日本農業遺産」は15地域が認定されています。(https://www.maff.go.jp/j/nousin/kantai/giahs_1_2.html

世界農業遺産 地域一覧(11地域)

日本農業遺産 地域一覧(15地域)

CONTACT

ネットの高校について
詳しくはこちら