ニュース・トピックス

堺 大耀さん「第64回 日本学生科学賞」で一等に入選

 

読売新聞社主催で開催された「第64回 日本学生科学賞」において、N高等学校・1年の堺 大耀さんが1等に入選しました。

 

1957年にスタートした日本学生科学賞は、中・高校生を対象にした科学コンクールで、身の回りの小さな疑問や不思議の解明、教科書に書かれている学説に対する疑問の解決などについて、取り組んだ実験・研究・調査作品を発表する、作品提出型のコンクールです。

物理、化学、生物、地学、情報・技術、広領域(複数の分野にわたる研究など)の分野別に審査が行われ、応募総数約32,000作品(中学・高校の部合わせた数)から、堺さんの研究作品名「窓の開放による換気の効果」が情報・技術の分野で見事に1等に入選しました。

 

【研究作品名】窓の開放による換気の効果

【要旨・研究概要】新型コロナウイルスの影響で“三密”や“ソーシャルディスタンス”などの言葉がよく聞かれるようになったことから、三密の中の“密閉”について調査。窓を開けてしっかりと換気するには、どれくらいの時間かかるのか、換気量を計測する「熱式風速計」を開発し、実験を実施。

 

 

■第64回 日本学生科学賞 入賞・入選者

https://event.yomiuri.co.jp/jssa/assets/pdf/examination/examination-results-list64.pdf

 

 

 

CONTACT

ネットの高校について
詳しくはこちら