ニュース・トピックス

N高等学校、Slack Spotlight Awards 2021にて Slack教育部門賞を受賞
〜「ネットの学校」の革新的な活動が評価される〜

 

学校法人 角川ドワンゴ学園 N高等学校(以下、N高)は、Slack Technologies社(本社:米国カリフォルニア州、CEO:Stewart Butterfield)が主催する初のカスタマーアワード「Slack Spotlight Awards 2021」(※)において、世界の中から優れた教育機関に贈られる「Slack教育部門賞(日本)」を受賞したことをお知らせ致します。

 

この賞は、Slackを意欲的に活用してデジタルトランスフォーメーションを実践し、コロナ渦の状況においても生徒に継続して適切な学習環境を提供することに成功した世界の教育機関に贈られるものです。

 

 

 

Slack Spotlight Awardsは、Slackを導入している世界中のユーザー企業・団体の中から、特に革新的な活動を行っているユーザーを表彰するものです。N高は、オンライン教育機関として他の国内の教育機関に先駆けてSlackを効果的に使用し、教育業界にイノベーションを起こし続けて来た功績が認められました。

 

Slackは多くの企業で利用されている、迅速なチームワークを実現させるためのビジネス向けメッセージプラットフォームです。N高では開校当初より、学校で使用するICTツールとしてSlackを活用してきました。クラスのホームルームやネット部活、生徒同士の雑談など、その使われ方は多岐にわたり、目的別に作られた公開チャンネル数は8,500を超えています。また、コメントについた「いいね」の数をカウントして定期的に褒めることで生徒のSlackの利用を促す機能や、チャンネルに参加した新しい生徒に歓迎コメントを自動的に表示する機能を用意するなど、生徒が安心して楽しくSlackを使えるような環境づくりに努めています。N高のほか、N中等部や、2021年4月開校予定のS高等学校においても、同様にSlackを活用しています。

 

Slackで行われているクラスのホームルームの様子

 

角川ドワンゴ学園ではこれからも、ICTツールを活用した学習を推し進め、生徒が社会に出てから利用する可能性の高いツールを日常的に使うことで高いICTリテラシーを身につけることを目指します。

※Slack Spotlight Award 2021の詳細:https://slack.com/blog/transformation/the-slack-spotlight-awards

 

 

 

 

CONTACT

ネットの高校について
詳しくはこちら