ニュース・トピックス

『ネットの高校、日本一になる。ー開校5年で在校生16,000人を突破したN高の秘密ー』が発売されました

 

「N高等学校」を題材としたノンフィクション単行本の第2弾『ネットの高校、日本一になる。ー開校5年で在校生16,000人を突破したN高の秘密ー』が4月21日(水)に発売されました。

 

 

■『ネットの高校、日本一になる。ー開校5年で在校生16,000人を突破したN高の秘密ー』概要

【概要】

生徒数16,000人を突破!オンライン教育が当たり前の時代になった現在、N高はさらなる進化を日々遂げている。「第2のN高」となるS高、世界初のアバター技術を使用したVR授業…。N高の現在とは。

 

【著者】

崎谷 実穂(さきや・みほ)

フリーランスライター。人材系企業の制作部で求人広告等のコピーライティングを経験した後、広告制作会社に転職。新聞の記事広告の仕事を専属で担当し、100名以上の著名人に取材。独立後はビジネス系の記事、書籍の執筆・編集を中心に活動。著書に『Twitter カンバセーション・マーケティング』(日本経済新聞出版)、『ネットの高校、はじめました。新設校「N高」の教育革命』(KADOKAWA)、共著に『混ぜる教育 80ヵ国の学生が学ぶ立命館アジア太平洋大学APUの秘密』(日経BP社)、構成協力に『ニコニコ哲学 川上量生の胸のうち』(日経BP社)、『発達障害を生きる』(集英社)がある。

 

【書誌情報】

・書名:『ネットの高校、日本一になる。ー開校5年で在校生16,000人を突破したN高の秘密ー』
・著者名:崎谷 実穂
・判型:四六判・単行本 
・発売日:2021年04月21日(水)
・定価:1,650円(本体1,500円+税)
・ISBN:9784041098301
・発売:株式会社KADOKAWA

・オンライン販売URL:https://www.kadokawa.co.jp/product/322004000820/

CONTACT

ネットの高校について
詳しくはこちら