ニュース・トピックス

【オンライン職業体験】 KIRIN発ベンチャーに学ぶ商品開発とパッケージデザイン 〜高評価作品は商品パッケージに採用も〜

 

学校法人角川ドワンゴ学園N高等学校(以下、N高)、S高等学校(同S高)、N中等部は、2021年8月26日(木)から9月13日(月)にかけて、キリンホールディングス発のベンチャー企業であるINHOP株式会社(本社:東京都中野区、代表取締役社長:金子裕司)と連携したオンライン職業体験プログラムを実施します。生徒はAdobe CCを使ってINHOP社製品のデザインを一人一人が実際に制作します。INHOP社から高評価が得られたデザインは、実際の商品パッケージに採用される可能性があります。

生徒がデザインを行うINHOP社の製品例

 

N/S高はインターネットを活用した“ネットの高校”として、オンラインで多くの学校活動を行っています。新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止していた職業体験のオンライン化にも挑戦し、日本各地の地方自治体、企業、大学、NPO、専門家の方々と連携して、生徒が将来の自分の仕事について考える機会を提供したり、全国各地のN/S高生と一緒に高校生活を楽しめる環境作りを目指しています。

 

今回のプログラムでは、生徒はパッケージデザインを制作する前にまず、INHOP社の担当者から商品開発やパッケージの役割を学びます。パッケージデザインについても、中間フィードバックをもらいながら進めていきます。ビジネスのプロから商品開発やパッケージデザインを直接学ぶことができる絶好の機会となります。

■INHOP社様からのコメント

INHOPは、ホップの新たな可能性を拡張し、現代の人々の健康課題を解決する商品をつくりたいという想いから生まれたベンチャーです。今回の「デザイン商品化チャレンジ」は、学生の皆さまならではの視点や感性で、そのINHOPの商品に、これまでにない角度から光を当て、新しい価値を見出すことができる貴重な機会だと考えております。また、参加いただく学生の皆様にとって、学びのある場となることを期待しております。

 

【KIRIN発ベンチャーINHOPとのコラボ企画「デザイン商品化チャレンジ」  概要】

<日 時>2021年8月26日(木)~9月13日(月)

<ご協力>INHOP株式会社

<プログラムスケジュール>

8月26日(木) オリエンテーション、INHOP社・熟成ホップについて学ぶ

8月27日(金) 商品を企画するとはどういうことなのかについて学ぶ

8月30日(月) 商品のターゲットを考える

9月1日(水)  商品パッケージのアイデアを出し合う

9月3日(金)  商品パッケージのアイデアをまとめる

9月6日(月)  商品パッケージをデザインする

9月8日(水)  自分が作ったデザインについてフィードバックを受け、ブラッシュアップする

9月10日(金) 商品パッケージデザイン発表会

9月13日(月) 9日間の体験を振り返り、学びを共有する

※全てのプログラムはZoomを活用し、オンラインで開催します。

 

◆INHOP株式会社について◆

INHOPは、人間のカラダの可能性を拡げてくれるホップを、現代社会を生きる皆さんの生活に役立てるために立ち上げられた、キリンホールディングスと電通グループのジョイントベンチャーです。ホップは、古くから人々の生活を支え続けてきたハーブ。現代のサイエンスを掛け合わせることで、ホップの新たな可能性を拡張し、現代の健康課題に希望を与えていく。これが私たちINHOPの使命です。「HOP for HOPE ホップの力を、みんなの希望に。」INHOPの挑戦にどうぞご期待ください。

 

CONTACT

ネットの高校について
詳しくはこちら