ニュース・トピックス

投資信託協会 × 宣伝会議 × 課題解決型学習「プロジェクトN」 「オリジナルファンドでキャッチコピーを考えよう!」 金融を学び、伝える力を身につける

 

学校法人角川ドワンゴ学園N高等学校(以下N高)・S高等学校(同S高)通学コースでは2021年10月7日(木)より、一般社団法人 投資信託協会(所在地:東京都中央区、会長:松谷博司)と共同で、投資信託の魅力を伝えるプロジェクト「オリジナルファンドでキャッチコピーを考えよう!」を週5コース生を対象に実施します。生徒は実在する投資信託(ファンド)を参考にしながら社会的意義のあるオリジナルのファンドを考え、その商品の魅力が伝わるようなキャッチコピーを制作します。

 

将来に備えて高校生のうちからお金や金融に対する基礎知識や教養を学び、資産形成について考えておくことは、社会で生きていくうえで重要な力となります。生徒は投資信託協会が作成した、「16歳の自分に教えたいお金との正しい付き合い方」をテーマに実業家や投資信託会社社長、弁護士など5名が生徒たちに語りかける映像を見て、投資や金融について学びます。さらに、魅力的なキャッチコピーの作り方を、日本最大規模の公募広告賞である「宣伝会議賞」を主催する株式会社宣伝会議の協力のもと、現役のコピーライターから教わります。生徒が作成した優秀作品は、投資信託協会の広報物に掲載することも検討されます。なお、本プロジェクトは学園として生徒に投資を勧めるものではありません。

 

このプロジェクトは、様々な企業や官公庁と連携し、生徒が実際の社会の課題の解決に取り組む課題解決型プロジェクト学習「プロジェクトN」の一環として行います。プロジェクトNはN高通学コースにおいて2018年から実施してきた課題解決型授業の総称です。通学コース週5コース生は月・水・金曜日に長期型プロジェクトを、木曜日に短期型プロジェクトを実践しており、本プロジェクトは木曜日の短期型プロジェクトとなります。

 

<N/S高通学コース「オリジナルファンドでキャッチコピーを考えよう!」 概要>

【日程】2021年10月7日(木)〜10月28日(木) ※全4回

【プロジェクト概要】実在する投資信託(ファンド)を参考にしながらオリジナルのファンドを考え、その商品の魅力が伝わるようなキャッチコピーを制作します。

【対象者】N/S高通学コース週5コースの生徒

CONTACT

ネットの高校について
詳しくはこちら