ニュース・トピックス

山口登さん「日本ゲーム大賞2021 U18部門」決勝大会 準優勝

 

2021年10月3日(日)に「東京ゲームショウオンライン」内で開催された「日本ゲーム大賞2021 U18部門」決勝大会で、N高等学校・3年の山口登さんのゲーム作品が準優勝しました。

 

一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会主催で開催される「日本ゲーム大賞2021 U18部門」は、18歳以下の次世代ゲームクリエイター候補を発掘することを目的として開催されているゲームコンテストです。

 

決勝大会には、一次審査・予選大会を勝ち抜いた6作品が進出しました。ファイナリストは、予選大会での審査員からのアドバイスを参考に作品をブラッシュアップし、決勝大会に臨みました。

作品の試遊審査、プレゼンテーション審査を総合的に評価し、金賞・銀賞・銅賞の各賞が決定。N高等学校からは、山口さんの作品名「マグロの惑星」が進出し、見事に銀賞を受賞しました。

 

<山口登さんコメント>

人生初にして最後の挑戦でどこまで行けるだろうかと考えていましたが、惜しくも金賞までは届かなかったものの、銀賞という結果を残せたことは大変喜ばしいことでございます。この機会に自分の中でとても思い出に残る作品となったこの「マグロの惑星」、実はまだ完成しておらず、今後は完成に向けて頑張っていこうと考えています。

 

■「日本ゲーム大賞2021 U18部門」

https://u18.awards.cesa.or.jp/

 

■「日本ゲーム大賞2021 U18部門」結果

https://u18.awards.cesa.or.jp/news/pressrelease20211003/

CONTACT

ネットの高校について
詳しくはこちら