ニュース・トピックス

未来のトップアスリートを支援する
N/S高アスリートクラス冬期特別プログラムを実施
〜栄養学やSNS活用術など実践的な知識を身に付ける〜

 

学校法人 角川ドワンゴ学園 N高等学校(以下、N高)およびS高等学校(同S高)は2021年12月22日(水)、アスリートクラスを対象とした冬期特別プログラムを実施します。競技を超えた同世代の横のつながりをつくり、また一流の講師陣からの特別講義を通じて将来の人生設計を考える機会を提供することで、高校生アスリートたちの活躍を学園として支援します。

 

N/S高には、スポーツ活動において優秀な成績を収めている生徒を対象としたアスリートクラスがあります。スポーツアスリートを知識面・進路面・コミュニティ面・活動面でサポートすることに特化したクラスで、海外大学への進学支援や、活動する競技の垣根を越えて高校生アスリート同士が交流できるようなコミュニティーづくり、アスリートに共通して役立つ知識を身に付けるための特別プログラムなどを行っています。

冬期特別プログラムでは「社会/組織/仲間/身体とのコミュニケーション」をテーマに、現役アスリートとして、また社会に出てからも必要となる知識を学びます。

 

管理栄養士の河南こころ氏からは、アスリートだからこそ知っておくべきスポーツ栄養学の知識を学びます。また、アスリートの教育・キャリア支援を行うNPO法人izm 代表理事の五勝出拳一氏からは、社会と繋がる手法としてのソーシャルメディア活用術を教えていただきます。夏期特別プログラムでも講師を務めていただいた元プロボクサーでフィジカルトレーナーの嶋崎俊氏からは、トレーニングを通じて身体の不調の原因を探る方法を実際に身体を動かしながら教わります。このほか、東京大学教授、慶應義塾大学教授で、東京オリンピック・パラリンピック招致議連事務局長も務めた鈴木寛氏から、オリンピック招致・選考などの舞台裏について講義をいただきます。

なお、プログラムは都内施設にて行いますが、Zoomでも参加できるようにし、地方や海外にいる生徒も共に学び交流できる時間となります。

 

▶2021年夏期特別プログラムの様子

YouTubeダイジェスト:https://youtu.be/PVP9GYg_wiA 

ブログ:https://nnn.ed.jp/blog/archives/17774.html

【講師プロフィール】

◆河南(かわなみ)こころ氏

1974年生まれ、高校2年生の時に「アスリートを栄養面から支えたい」と思い、管理栄養士を目指す。資格取得後はトレーニングの資格(NSCAのCSCS)も取得し、スポーツ界へ。実業団の男子バレーボールチームやラグビーチーム、自転車ロードレースチームをはじめ、女子フィギュアスケートバンクーバー五輪銀メダリスト、プロ野球球団などの栄養サポートを担当。

 

 

 

◆五勝出(ごかつで)拳一氏

『アスリートと社会を紡ぐ』をミッションとしたNPO法人izm 代表理事。

スポーツおよびアスリートの価値向上を目的に、マーケティング支援および教育・キャリア支援の事業を展開している。東京学芸大学蹴球部にて学連として活動し、全日本大学サッカー連盟技術委員長やユニバーシアード大学日本大学サッカー選抜の主務を経験。卒業後は電通テックに入社し、プロデューサーとして数多くのプロモーション関連業務を担当。2019年にアスリートのマーケティングサポートを行う。

©BOXINGMOBILE

◆嶋崎俊氏

1991年生まれ。19歳のときに、プロボクサーとして輪島功一会長のもとデビューし、27歳まで活動する。

現役時代に体のケアとトレーニングを受けたはり師の先生より、トレーニングを通じて東洋医学を学ぶ。現役引退後は、パーソナルトレーナーの資格「NSCA-CPT」を取得。その翌年には、パーソナルトレーナーとして独立する。

 

写真:キッチンミノル

◆鈴木寛氏

東京大学公共政策大学院、慶應義塾大学政策・メディア研究科教授 日本サッカー協会理事、FC今治アドバイザー。

東京大学法学部卒業後、通商産業省に入省し、サッカーJリーグの立上げに従事。慶應義塾大学助教授時代には、2002年日韓サッカーワールドカップ組織委員会委員を務める。参議院議員時代、2004年プロ野球2リーグ12球団維持ストライキを古田敦也選手会長(当時)の参謀として勝利に導き、楽天野球団創設を支援。文部科学副大臣として、2016年東京オリンピック・パラリンピック招致、2022年サッカーワールドカップ招致に失敗するも、U20女子サッカーワールドカップ招致や2019年ラグビーワールドカップの招致に成功。2020年東京オリンピック・パラリンピックに関しては、新国立競技場建設を決断し、招致成功に尽力。文部科学大臣補佐官として、一時日本開催が危ぶまれた2019年ラグビーワールドカップ日本開催再交渉を担当。

<公式サイト> http://suzukan.net/

■アスリートクラス冬期特別プログラム 概要

【スケジュール】 2021年12月22日(水)10:30~18:00

10:30~10:35:当日の説明、N高校長 奥平博一からの挨拶

10:35〜11:20:アイスブレイク・生徒同士の交流

11:30~12:30:鈴木寛氏による講義「オリンピック招致・選考などの舞台裏」

12:30〜13:30:昼食(アスリートの栄養を考えたお弁当を学園で用意)

13:30~14:30:河南こころ氏による講義・ワークショップ 「スポーツ栄養の基本と現場での実践」

14:50~16:20:嶋崎俊氏による講義・トレーニング「身体の不調の原因の本質を探る(東洋医学的にみたトレーニング)」

16:35~17:35:五勝出拳一氏による講義「社会と繋がるアスリートになる方法~ソーシャルメディア活用術~」

17:35~18:00:1日の振り返り

【対 象】N/S高アスリートクラスに所属する生徒

【場所】都内施設、およびZoomにて実施

CONTACT

ネットの高校について
詳しくはこちら