ニュース・トピックス

小原悠太さん「アプリ甲子園2022」決勝大会出場

 

 N高等学校・2年の小原悠太さんが、全国の中学生・高校生を対象にしたアプリ・Webサービスの開発コンテスト「アプリ甲子園2022」ファイナリストに選ばれました。 

 

アプリ甲子園は、次世代を担う若手のクリエイターの発掘と育成支援を目的に、2011年から開催しているスマートフォン向けアプリ開発コンテストです。 

 

10月30日(日)に行われた決勝大会では、ファイナリストに選ばれた10組が自作のアプリについて発表し、このうち小原さんは、 製造元やOSが異なるデバイス同士でファイルの共有を行うアプリ「Open FileTrucker」についてプレゼンテーションを行いました。審査員からは、「2台持ち、3台持ちが当たり前になる中、まさに望まれているアプリだと思います。期待しています」などのコメントがあり、高く評価されました。 

 

<小原悠太さん コメント> 

高校生のうちにプログラミングコンテストに挑戦し、自分の力を試してみたいと思い、今回初めて応募しました。 

私自身、複数の端末を使用していて、ファイルの共有に不便さを感じていました。どんなプラットフォームでもシンプルな操作で、適切に動作するよう試行を繰り返しました。 

今回、残念ながら賞は取れませんでしたが、決勝大会で発表するという大きな経験が出来ました。他のファイナリストの方の作品を見て、更にプログラミングについて学びたい気持ちが高まりました。将来は人に必要とされるアプリケーションなどを開発していきたいです。 

 

■アプリ甲子園2022決勝大会の様子(動画配信)

https://www.youtube.com/watch?v=I5d8N5VDTg0

 

CONTACT

ネットの高校について
詳しくはこちら