カドカワが創る新しいネットの高校

ニュース・トピックス

シンガーソングライターで作家の伊東歌詞太郎さんが高校で初授業
「実行教室 ~失敗しても一歩踏み出し続けるために~」

〜通学コース全キャンパスをつないで実施〜

 

学校法人角川ドワンゴ学園「N高等学校」(以下、N高)は、11月21日(水)に、N高通学コース・大宮キャンパスにて、伊東歌詞太郎さんの特別授業「実行教室 ~失敗しても一歩踏み出し続けるために~」を実施しました。

 

特別講師の伊東歌詞太郎さんは、ニコニコ動画に歌唱動画を投稿したことをきっかけにネットを使ったアーティスト活動を始め、その後は歌手でありながら小説執筆への挑戦し、デビュー作『家庭教室』を出版し、自ら書店へ赴き著書『家庭教室』の営業を行うなど、自らの“やりたい”という気持ちを原動力に活動を行ってきました。そのお話を聞くことを通して、既存の枠組みにとらわれない思考と失敗を恐れずに自らの“やりたい”ことに一歩踏み出す行動力を学ぶことができました。

 

授業では、実施会場の大宮キャンパスに生徒70名、全国8キャンパスを中継し、計400名が受講しました。授業の中ではアンケートツールを使い、自分が「やりたい」と思っていること、1年以上続けていること、二度としたくない失敗の経験などを集計。歌詞太郎さんがアンケートを通して全国の生徒とインタラクティブな授業を行いました。

 

授業の最後には特別ライブを行い、「さよならだけが人生だ」「パラボラ~ガリレオの夢~」の2曲を披露し大盛り上がりで終了いたしました。

【伊東歌詞太郎さんから授業の感想】

「2時間の講義があっという間で楽しかったです。授業が終わってみて、まだたくさん伝えられることってあるなと思いました。

言いたいことを作るのが僕の曲作りなのですが、作った後に他の言いたいことが出てくるなと。それに似ているなと感じました。まだ5%しか人生で得た何かを伝えられていない気もします。

(ライブと今日の講義との違いについて)今日かなり意外だったのですが、あんまり変わらなかったです。自分の興味のない人もいるので自分なりに想定していたのですが、関係なかったです。(心から話すことで)小細工って必要ないんだなと思いました。」

<伊東歌詞太郎氏による特別授業 概要>

■日 時:2018年11月21日(水)14:15~16:05

■場 所:N高等学校 通学コース・大宮キャンパス

■講 師:伊東歌詞太郎氏(歌手・作家)

■テーマ:「実行教室 ~失敗しても一歩踏み出し続けるために~」

■参加者:N高・通学コース生(代々木キャンパス生・御茶ノ水キャンパス生・横浜キャンパス生・大宮キャンパス生・千葉キャンパス生・名古屋キャンパス生・心斎橋キャンパス生・福岡キャンパス生)

 

 

◆伊東歌詞太郎氏プロフィール◆

ネット音楽のカバーで2012年に活動を開始。その力強い歌声はネットを伝ってユーザーの心に響き、現在の動画総再生数は8000万回を超えている。2014年にメジャーデビュー。以降「一意専心」「二律背反」「二天一流」のアルバム3枚をリリースし、3作連続でオリコンランキングTOP10入りを継続中。また中野サンプラザ等ホールクラスのワンマンLIVEの開催に加えて全国縦断の路上ライブツアーを行うなど、精力的にライブ活動を展開している。2018年5月には初の小説「家庭教室」を出版し5万部を突破するなど、マルチな才能を持った注目のシンガーソングライター。メディアでの顔出しはしておらず、狐のお面がトレードマーク。

HP:http://kashitaro.com/index.html

Twitter:@kashitaro_ito

 

◆『家庭教室』について◆

『家庭教室』 

著者:伊東歌詞太郎

定価(本体1,300円+税)

ISBN:978-4-04-896141-7

発行:KADOKAWA

家庭教師をしている大学生・灰原 巧を主人公に、彼が家庭教師として訪れた家族・子供が抱える問題に真摯に向かい合い、解決していく姿をオムニバス構成で描いた作品です。歌詞太郎氏の楽曲同様、子供たちが抱える問題や、その心の機微を瑞々しく表現し、10代を中心に多くの読者から共感を集める内容となっています。

URL:https://www.kadokawa.co.jp/product/321709000163/

 

一覧へ戻る