ニュース・トピックス

起業部 加納颯人さん 食物アレルギーの方も楽しめるお菓子のブランド
「ISSA KITCHEN TOKYO」をスタート
8月11日から販売開始

起業部 加納颯人さん 食物アレルギーの方も楽しめるお菓子のブランド  「ISSA KITCHEN TOKYO」をスタート  8月11日から販売開始


S高等学校・3年で起業部所属の加納颯人(かのう・はやと)さんが設立した「株式会社RelieFood」が、アレルギーを持つ人も楽しめるお菓子ブランド「ISSA KITCHEN TOKYO」をスタートしました。

起業部(https://nnn.ed.jp/kigyobu/)は、起業家を目指すことでイノベーティブな考え方を学び、日本や世界を支える人材の育成を目的に2018年から活動を行っており、これまで9社の法人登記を実現しました。

「ISSA KITCHEN TOKYO」は、食物アレルギーに悩む重度の弟のために加納さんが開発したお菓子のブランドで、レシピの開発には東京製菓学校で教鞭をとるパティシエの小林富裕氏にご協力いただきました。

加納さんは「アレルギーの方も一緒に楽しめるお菓子を作りたい」と言う思いから、28品目のアレルゲンフリーのお菓子の開発を決意し、ビジネスプラン立案とレシピ開発を並行して行ってきました。

活動を続けていくなかで、アレルギーの製菓コンテストで入賞された経験のあるパティシエの小林富裕さんと出会い、自身の思いを伝えてところ、レシピ開発にご協力いただくことが実現。日本初の食物アレルギー対応かつプラントベース(植物性の食材からなる食品全般)のお菓子ブランドを立ち上げる運びとなりました。
商品の製造もアレルギー対応食品を専門に行っている工場に委託し、安全性と味のクオリティを両立しました。

ISSA KITCHEN TOKYOは、バリアフリーお菓子ブランドとして、食物アレルギーを抱える方々に新たな選択肢を提供することを目指します。

<加納颯人さんからのコメント>



この度、お菓子ブランドISSA KITCHEN TOKYO の本リリースが出来たこと、大変嬉しく思っております。この商品は私の弟が重度の食物アレルギーを持っており、家族や友人と同じテーブルを囲み、同じお菓子を食べられないことを見ていて「食物アレルギーがある人もない人も、一緒に同じお菓子を共有して笑顔になれる世界を実現したい」という想いから立ち上げました。“ISSA ”は私の弟の名前でもあります。「弟と同じ悩みを感じている世界中の人に届きますように」という想いを込めました。商品は特定原材料28品目アレルゲン不使用、ヴィーガン、グルテンフリーで添加物も使用せず、優しい味に仕上がっております。このブランドを通じて、「病気や信条に関わらず、誰もが食を共有し笑顔になれる世界」を実現して参ります。


■ISSA KITCHEN TOKYO
https://issakitchen.base.shop/

※公式サイトから商品をご購入いただけます。また、2023年8月11日(金・祝)から20日(日)の期間には、有楽町マルイ(https://www.0101.co.jp/086/)でも商品を販売します。

一覧へ戻る

CONTACT

ネットの高校について
詳しくはこちら

入学相談

資料請求

説明•相談会