有料 募集終了

山形県
小国町

狩猟マタギと学ぶ雪合宿 in 小国町

山形県 小国町

狩猟マタギと学ぶ雪合宿 in 小国町

「山奥で暮らすんでも金は要ったもんだよ。米なんていったって昔はろくにとれねがった。山の畑、焼き畑なんてことして、ソバだのつくってひもじかったもんだ。だけども金取り仕事っていうものなくてな。昔の人らは山さ獣狩りに行って、金取りしたもんだわ。」(「小国マタギ 共生の民俗知 単行本 – /佐藤宏之」の一節)

マタギの里として知られ、冬は2メートル以上の降雪量で白銀の世界が広がる山形県小国町。マタギの起源は平安時代とも鎌倉時代とも言われ、山の神を信仰するマタギ(猟師)たちによって、現在もなお熊やウサギを獲物とした冬山狩猟が受け継がれています。普段は農業や林業など様々な職業と兼業している方が多く、マタギは文化と職業の両方の側面を持っています。

今回の職業体験は、豪雪地域ならではの雪上アクティビティや、小国町に生きる「マタギ頭領」、宿泊先の「民宿奥川入」の人々との交流や文化体験を通して、多様な職業観や人生観、そして小国町の人の温かさに触れ、いつもとは違う環境で自分の良さを発見することで、自己認識を深めるプログラムです。

特長

●いつもとは違う環境で過ごすことで、いつもとは違う自分の良さを発見することができます。
●初めて出会うN高生や小国町で出会う人々と接することを通して、価値観を広げたり、友達を作ったり、自分なりの発見を持って帰れる旅です。
●宿泊する民宿「奥川入」の女将さんが親身になってN高生のお話を聞いてくれる気さくで優しい方です。宿で過ごす時間も温かい思い出になるかもしれません。
●開催の1月は気温が氷点下になるくらい寒いので、暖かい服装が必要になります。雪遊びの時間は楽しみましょう。

【こんな方におすすめ!】

●雪遊びをしたい人
●N高で友達が欲しい人
●日本の伝統文化に触れたい人
●自分の将来と向き合いたい人

場所

  • 参加費:30,000円(税抜)
  • 定員:10名
  • 日程:2020年1月10日(金)〜14日(火)
  • 締切:2019年11月22日(金) 12:00

スケジュール

初日

開校式、アイスブレイク
オリエンテーション、温泉入浴、個人面談

2日目

マタギ文化を知る(頭領及び小国町職員による説明)
雪山散策(うさぎ狩りに向けた雪上歩行練習)
マタギ食文化体験、温泉入浴、当日振り返り

3日目

うさぎ狩り実践、雪上アクティブティ(スノーモービル)
さいず焼き(五穀豊穣を祈願とした火祭り)会場設営手伝い 集落懇親会
当日振り返り、温泉入浴

4日目

マタギ食文化体験、雪上アクティブティ(雪すべり、雪合戦)
ワークショップ、発表&フィードバック
当日振り返り、個人面談、温泉入浴

5日目

全行程の振り返り、お世話になった方への色紙作成
宿泊先及び関係者へのお礼挨拶
昼食、解散

募集は終了しました

参加に際しての注意点

■集散地点:JR米坂線小国駅(JR東日本)
■交通費は自己負担になります。ご了承ください。
■宿泊先で生徒は男女別に相部屋となります。
■nnn.ed.jpのメールとslackを受信できるスマートフォンを持参してください。
■食物アレルギーのある方はエントリーの際に申し出てください。
■入浴に関しては温泉の大浴場を予定していますが宿での個別対応も可能です。
■保険証のコピーを持参してください。
■抽選結果は 2019/12/3(火) 前後にメールにてお伝え致します。
■【応募後、支払い手続き・参加確定までの注意事項】
応募抽選の後に当選通知をメールにて連絡致します。
当選通知の案内に記載する参加Web登録を行い、それをもって正式な参加手続きとなります。
時々、当選通知メールを受け取った参加Web登録をしないままの人がいます。
参加Web登録をしないと参加資格を失う可能性がありますので、ご注意ください。
参加Web登録後日、参加費の請求書を生徒・保護者様宛に発送します