カドカワが創る新しいネットの高校

N高ブログ

【校外学習】福岡キャンパスという「大家族」で行った海の中道

 

※このブログは、福岡キャンパスの1年生、菊水弦太さんに書いていただきました。

 

はじめまして。N高福岡キャンパス1年生の菊水と申します。よろしくお願いします。

今年度も始まって早2ヶ月、他のキャンパスもいろいろなイベントが開催されているようですね。今回は、福岡キャンパスがどんなところなのかをあらためて知っていただくために、先日おこなわれた課外学習のレポートと、普段の様子をお伝えします。

◆課外学習のこと

6月6日(金)、課外授業として、福岡随一のレジャースポット「海の中道海浜公園」と、公園内にある水族館の「マリーンワールド海の中道」に行きました。

海浜公園でまずは3チームに分かれ、運動チームはケイドロとドッジボールで体を動かし、工作チームは紙ヒコーキを作って飛距離を競い、サイクリングチームはチーム名の通り自転車をレンタルして公園をサイクリングしました。

 

そのあとはみんなでお弁当を食べ、マリンワールドに移動しました。

到着すると先生から「フォトコンテスト」を開催すると突然の発表がありました。

その内容は、マリンワールド内でさまざまな写真を撮り、その中から自分が「これだ!」と思う1枚選んで「Slack(N高で使用しているコミュニケーションツール)」に投稿します。その中からキャンパス長、先生方が優秀作品を選ぶというものでした。

 

投稿された写真の一部をご紹介します。

 

由布先生賞

くらげのふわふわ感が写真から伝わってきて癒やされますね。

 

 

キャンパス長賞

イルカショーのワンショット。撮影した生徒はこの写真と引き換えに大量の水しぶきをかぶったそうです。

 

 

執筆者的最優秀賞

かわいい。とにかくかわいい。

 

アシカとイルカのショーを見たり、チンアナゴを愛でたり、大水槽でサメたちを眺めたり、15時の解散時間までそれぞれの楽しみ方で館内をまわりました。少し疲れましたが、みんなとの距離が今までよりもっと近づいた気がしました。

 

◆福岡キャンパスってどんなところ?

 

数ある通学キャンパスの中でも最南端の福岡キャンパス。他のキャンパスと距離が離れているので、心理的にも遠く感じてしまうかも…とか、受験しようか考えてるけど雰囲気がつかめない…というみなさんのために、福岡キャンパスの普段の様子をお伝えします。

 

・とにかくにぎやか

休み時間や放課後など、時には周りも巻き込みながらそれぞれが自分の好きなことを楽しんでいます。

 

・先生との距離が近い

なんでもない日常会話や心配ごとまで、先生になんでも話せる雰囲気があります。自分から話すことができないという人も安心してください。先生方から話題を振ってくれますよ。

 

・みんなとの距離も近い

キャンパスみんな仲良く生活しています。昨年に引き続き、今年も福岡キャンパスのスローガンは「ファミリー大作戦」。全員が安心して過ごせる、家族のような安心感のあるキャンパスを目指しています。

 

個人的な意見ですが、福岡キャンパスは本当に楽しいです。他の学校では出来ないようなことに取り組むことが出来ますし、気の合う仲間がきっと見つかります。

 

定期的に説明会やオープンキャンパスを開催してますので、少しでも気になった方はぜひ顔を出してみてください。

また、在校生のみなさんも「Slack」などで福岡キャンパスの生徒を見かけたら声をかけてみてくださいね。

 

※全国各地で行われるN高オープンキャンパスの詳細はこちらからご覧ください。

https://secure1.nnn.ed.jp/form/index.html

一覧へ戻る

その他の記事

福岡キャンパス
2019/09/24

七夕イベントの振り返りと、いよいよスタートした2学期!

福岡キャンパス
2019/05/16

新生活をスタートさせた福岡キャンパス生に、インタビューをしてみました

福岡キャンパス
2019/03/25

「マイプロジェクトアワード2018 九州大会」に出場しました!