カドカワが創る新しいネットの高校

ニュース・トピックス

茨城国体文化プログラム「全国都道府県対抗eスポーツ選手権」 決勝トーナメント進出、ベスト16入り

 

2019年10月5日・6日に、いきいき茨城ゆめ国体・いきいき茨城ゆめ大会実行委員会と一般社団法人日本eスポーツ連合と共催する「全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2019 IBARAKI」本大会ウイニングイレブン2020・少年の部がつくば国際会議場で開催されました。

 

N高・eスポーツ部のチーム「フランケンの弟子たち」大泉 蓮くん(3年)は、47都道府県代表戦を勝ち抜き本大会に出場。47都道府県代表に茨城県第二代表の加わった各48チームによるグループステージ144試合が行われ、各グループ1位通過の12チームと、各グループ2位から上位4チームの計16チームが翌日行われる決勝トーナメントに進出しました。惜しくも優勝した青森代表に敗戦しましたが、ベスト16という輝かしい成績を収めました。

 

また、オープンの部では、N高卒業生のプロゲーマー・レバ選手こと相原翼さんのチームが初代王者に輝きました。

 

■「全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2019 IBARAKI」本大会HP

https://e-47-ibaraki.jp/

 

関連ニュースはこちら

国体文化プログラム「全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2019 IBARAKI」に向け、公式タイトル3種目で特別コーチを招聘

 

一覧へ戻る