カドカワが創る新しいネットの高校

N高ブログ

“N高最北のキャンパス”、仙台キャンパス始動!

 

新年度から仙台キャンパスが開校しました。

「キャンパス長から新入生へのメッセージ」と合わせて、キャンパスの様子をご紹介します。

 

【仙台キャンパス長 月山蘭から新入生へのメッセージ】

皆さんには毎日が楽しく、そして将来も楽しみになってほしいです。そのためには、自信をつけることで自分を好きになってください。それが実現できるキャンパスにしていきたいと思います。

 

 

 


 

※このブログは、仙台キャンパスの2年生、吉田さん、小原さんの2名に書いていただきました。

 

 2019年4月、仙台キャンパスが開校しました。生徒21名、教職員2名、TA(ティーチング・アシスタント)4名の、総勢27名で新年度のスタートを切りました。

 

4月におこなわれたオリエンテーションウィークの初日、僕たち生徒はアイスブレイクを交えながら、N高での授業カリキュラムや活動などについての説明を受けました。

 

その後のチームビルディングで「ペーパータワー」をおこないました。

チームビルディングとは、「仲間が思いをひとつにして、ひとつのゴールに向かって進んでゆける組織づくり」を目的としたワークで、グループの結束力を高めるものです。

今回おこなった「ペーパータワー」のルールは以下のとおりです。

 

1.1チーム(4~5名)につき、30枚のA4用紙を使用します

2.まずは作戦タイムとして5分間話し合います。この時間は、1枚だけ紙に触れることができます。

3.実際にタワーを組み立てます。制限時間は5分間です(紙は切ったり、折ったりしても構いませんが、紙以外の道具を使ってはいけません)

4.「組み立てタイム」終了後、全員がタワーから手を離した状態で10秒間数えます

5.10秒後に計測し、できるだけ高いタワーを作ったチームの勝利となります

 

ゲーム中に「セロハンテープは使えないの!?」と驚きの声が上がったり、途中でタワーを崩してしまった生徒もいましたが、どのチームも試行錯誤をくり返して考えました。結果的は「仙台一号店チーム」が強いチームワークを発揮し、176cmの記録見事に勝利しました。

 

オリエンテーションウィーク3日目には、「リアル脱出ゲーム」をおこないました。

本来の「リアル脱出ゲーム」とは、株式会社SCRAPが主催する観客体験型ゲームイベントで、あちこちに隠された謎や暗号を解きながら、制限時間内に閉じ込められた空間からの脱出を試みるゲームです。

今回のチャレンジしたものは、名作「人狼村からの脱出」を完全再現したもの。生徒たちは、チームで協力して謎を解き、一人ひとりが積極的に意見を出しながら話し合い、真剣に取り組みました。

 

また、ゴールデンウィーク明け直後の「プロジェクトN」の時間には、「賢く3分プレゼンテーションをする」という課題が課され、自己紹介のプレゼンをしました。ジェスチャーを盛り込んだり、イントネーションを変化させたりと、聞き手を魅了するプレゼンをするために、様々な工夫をしていました。

 

オリエンウイークや「プロジェクトN」を通して、生徒同士の友情が強くなった仙台キャンパス。

まだまだ生徒数は少ないですが、“N高最北のキャンパス”として存在感をアピールできるように、これから僕たちでよりよいキャンパスにしていきたいと思います。

一覧へ戻る

その他の記事

仙台キャンパス
2019/09/24

新学期開始!2学期を迎えた仙台キャンパス

仙台キャンパス
2019/07/18

【校外学習】「協働の精神」を学ぶ~仙台市八木山動物公園にて~