起業部

高校生だから起業する

中小企業庁のデータによると年間の起業件数は約20万件、そのうち会社化したものが24%、年間の法人の起業件数は約5万社。
もはや、起業は選択肢のひとつ。
0から1を生み出すこと。
N高生とS高生だからできること。

角川ドワンゴ学園の生徒以外の方の応募受け付けは秋頃の予定です。
募集を開始する際にご連絡いたしますので、ご興味のある方はフォームから入力をお願いいたします。

N/S高オリジナル
「起業家養成プログラム」

起業部とは

N/S高は生徒が起業家を目指すことで、イノベーティブな考え方を学び、
日本や世界を支える人材を育成するため、起業部を立ち上げました。
起業部は、入部を希望する生徒のうち、書類審査や面接審査など複数の審査を通過した生徒たちが起業を目指す活動です。
ビジネスモデル構築や事業計画書の作成など起業に向けた実践的なプログラムや特別顧問らによる指導に加え、
部の活動費として年間最大1,000万円の起業支援金で生徒の活動を支援しています。

特別顧問

家入 一真

ぼくが自分で作ったサービスを初めて世の中に送り出してから約20年になります。それから数々の起業をしてきましたが、若い時期に起業を経験できたことはとても幸せでした。なぜなら、起業とは、「未来づくり」であり、社会をアップデートすること、そして、自分の「居場所」を作ることだからです。 起業部は、自らの手で社会をアップデートする、意思ある人材の育成を目指されてきました。その想いに共感し、この度、起業部特別顧問に就任させていただくことになりました。 部員の皆さんが、高校時代に本気で「未来づくり」や「社会のアップデート」に取り組むことができるように、精一杯応援していきたいと思います。

Profile

2003年株式会社paperboy&co.(現GMOペパボ)創業、2008年JASDAQ市場最年少で上場。2011年クラウドファンディングサービス運営の株式会社CAMPFIREを創業、代表取締役に就任。2012年Eコマースプラットフォーム運営のBASE株式会社を設立、共同創業取締役に就任、2019年東証マザーズ上場。その他ベンチャーキャピタル「NOW」代表、オンラインカウンセリングサービス運営の株式会社cotree顧問などを務める。

起業部の特長

プロフェッショナルの支援「ヒト」・専用プログラム「モノ」・起業支援金「カネ」、
起業部ではこれらを三位一体として提供することで、本物の起業家教育を実現します。

01

ハイクオリティの専用プログラム

起業するために必要な知識・姿勢・マインドを、オリジナル講義、映像授業、ディスカッション、起業家講義などを通じて幅広く学んでいきます。

グロービス学び放題

「グロービス学び放題」は、グロービスが保有するビジネスナレッジを、基礎から応用まで、いつでも、どこでも学べる動画サービスです。次世代ビジネスリーダーの学習ツールとして多くのビジネスパーソンに利用されています。

02

プロフェッショナルによる妥協なき指導

最高レベルの専用プログラムを支えるのは経験豊富なプロフェッショナル。
ビジネスの世界を渡り歩いてきた特別顧問をはじめ、ベンチャー社長、司法書士、起業経験のあるOBOGに加えて、長年ビジネスの世界で生きてきた角川ドワンゴ学園のスタッフもメンバーとして参画しています。
ビジネススキルの指導だけでなく、メンタリングによるサポート体制を構築し、安心して最高の挑戦に取り組む環境を整えています。

メンター
横山 創一
横山 創一

株式会社飲食人
代表取締役

戸田 裕昭
戸田 裕昭

株式会社WE
代表取締役

田中 あゆ美
田中 あゆ美

あゆみ総合法務事務所
司法書士行政書士

河合 佑真
河合 佑真

株式会社SUPOTA
代表取締役社長

03

想いだけで終わらせないための「起業支援金」

マインドやスキルを学び、そこで終わるだけでは実践とは言えません。
起業部では部の活動費として、年間最大1,000万円を用意。多岐に渡ってファイナンス面でも生徒をサポートします。

入門プログラム「アントレ」

ビジネスや起業について、基礎から学ぶプログラム「N・S高アントレ」も準備しています。アントレは、週1回、4ヶ月のプログラムで、講義でのインプットや、 ディスカッション、自分自身でのリサーチなどを経て、最終的には各自で考えたビジネスプランを発表します。 知識ゼロからのスタートでも大丈夫!受講者からは、ワークなどが多くて楽しく参加できた、ビジネスを身近に感じるようになった、 最後までやり遂げて自信がついた、などの感想が寄せられています。

活動レポート(ブログ)

インタビュー

鈴木 颯人

株式会社EasyGo

代表取締役社長

河合 佑真

株式会社SUPOTA

代表取締役社長

倉田 速音

株式会社HAYATO KURATA

代表取締役社長

霜田 哲之介

FreFre株式会社

代表取締役社長

高木 俊輔 / 村田 圭梧

株式会社Civichat

身につく力

人工知能・ロボット等の発達により多くの仕事が代替されるテクノロジー社会において、人間にしかできない力を持つことが重要です。
起業部では、これからの未来で必要となるスキル・マインドを大切に活動していきます。

考え抜く

課題は何か、どう解決するかにとことん向き合います

チームビルディング

共感してくれる仲間と共に事業を創ります

自分の考え・意見を他者に伝える

対話やプレゼンテーションで自分の考えを相手に伝えます

ビジネスを理解する

社会の基本となるビジネスについて考えます

改善する

問題解決に向けてPlan(計画) Do(実施) Check(評価) Action(改善)を重ねます

努力する

自らの心・頭・足を最大限に活用し粘り強く活動します

活動の流れ

  • 学び合い・学びを深めるコミュニティー

    ネット授業ディスカッション

  • ビジネスプラン構築

    事業の目的・アイデア・
    対象領域等を確認&整理

  • プランブラッシュアップ(PDCA)

     特別授業 メンタリング
      特別審査会 起業支援金

    • アクション
    • リサーチ
    • プロトタイプ
    • テスト
      マーケティング
  • 会社設立・サービスローンチ

    法人設立サポート

起業部Twitter

起業部が目指すもの

高校卒業後の進路に新しいスタンダードを

起業だけが最善のゴールとは限りません。
起業部では、起業を目指す一連の学びと実践を通じて、自らが実現したい世界の最善解を発見し、
それを自分の力で実現できることを目指します。
起業部はこれらの活動を通じて、「高校卒業後」の道に新しいスタンダードを提案していきます。

起業部メンバー

CONTACT

ネットの高校について
詳しくはこちら