カドカワが創る新しいネットの高校

理事長メッセージ 山中 伸一

個性を将来へ繋げる場所が
N高等学校です
個性を将来へ
繋げる場所が
N高等学校です

Profile

山中 伸一

東京大学法学部卒業後、文部省(現・文部科学省)に入省。内閣審議官(教育再生会議担当室副室長)、スポーツ・青少年局長、文部科学事務次官を歴任。退官後、外務省駐ブルガリア特命全権大使を務め、2018年6月20日学校法人角川ドワンゴ学園理事長就任。

社会の変化に対応し、求められる力を学べる“場”をつくる。

N高は色々な思いの詰まった学校。高校時代に、この世界に多くの職業があることを体験できる学校です。KADOKAWAとドワンゴによる従来の教育を変える全く新しい学校です。

全ての生徒が「N高生です」と誇りを持って言える高校。このような思いを実現するのがN高です。21世紀は社会の変化が激しい時代です。人工知能の進歩で多くの職業がAIに代わっていったり、働いている間に求められる能力が変わっていきます。

これから日本そして世界で活躍する生徒たちには、日々移り変わる社会で生き抜くために必要な力を“学校”という場で育むことが必要です。今社会では知識、学ぶことを学ぶ力、社会人力の育成が求められています。試験で良い成績を取るための教育だけではなく、社会の変化に対応し求められる力を学ぶことが必要です。このような新しい社会の要請に応える新しい教育システムを作る。これがN高の目指す新しい学校のカタチです。プログラミング授業や小説創作授業など様々な授業で自ら学ぶ力を育む。どこからでも授業に参加できる双方向生授業。さまざまな職業にチャレンジできる課外活動。N高だからこそできる教育を提供し、日本の中に、世界へ向けて新しい教育を作る。N高は新しい教育のフロントランナーであり続けます。

学校法人角川ドワンゴ学園は、
N高等学校以外にも
さまざまな学びの場を提供しています