カドカワが創る新しいネットの高校

SPメニューボタン
N高投資部
KVイラスト

N高投資部とは

N高投資部は、高校生の時期から株式投資に挑戦することで、社会の仕組みや経済動向を学び、本気で株式投資に向き合える人材を育成する部活動です。部員は、特別顧問である村上世彰氏が創設した一般財団法人村上財団(以下、村上財団)から提供される運用資金を元手に、投資行為に挑戦します。また、投資の運用方針やその結果に対するフィードバックを同氏から受けることで、投資に活かせる「判断力」や「論理的思考力」を、実践的かつ効果的に培うことができます。

村上世彰さん線画
メッセージ
村上世彰

投資部 特別顧問

村上 世彰氏より

「子どもはお金のことなんて考えなくていい」そう考える大人が、まだまだこの国には少なくありません。結果、子どものころにお金について学ぶ機会がなく、正しいお金の使い方を身に付けないまま、社会に出ていく人たちが多いのではないでしょうか。しかし、ぜひ子どもたちには、「お金は汚いものでも悪いものでもなく、ただの道具でしかない」ということを知ってもらいたいと願っています。今回、数々の先進的な取り組みを展開するN高等学校が、新たに「お金の教育」に目を向け、実際の株式投資を通して"生きた金融教育"を提供する「投資部」を設立するというチャレンジに共感し、特別顧問に就任させていただくことになりました。部員の皆さんが、高校生の間に本気で株式投資に挑戦することでどんな学びを得ていただくか、とても楽しみにしています。

村上世彰(むらかみよしあき)

投資家。1959年大阪府生まれ。1983年、通産省(現・経産省)に入省。国家公務員としてコーポレート・ガバナンスの普及に従事する。独立後、1999年から2006年まで投資ファンドを運営。現在、シンガポール在住。著書に『生涯投資家』(文藝春秋)『いま君に伝えたいお金の話』(幻冬舎)などがある。
【村上財団 公式サイト】
三田紀房

インベスターZ 原作者

三田 紀房氏より

個人的な見解ですが、日本人の投資に関する知識はだいたい中学1年生レベルだと思います。なぜなら、今の日本の学校では投資について学ぶ機会がほとんどないためです。 『インベスターZ』は中1の主人公が投資を行う漫画です。私立学園の投資部に入り、学校の運営費を投資で稼ぎ出していく。読み進むにつれて、読者はいつの間にか投資や経済の知識を学べるようにしました。 投資の経験は、こつこつと時間をかけて積み上げていくもの。始めるのが早ければ早いほど良い。『インベスターZ』にはそういったメッセージを込めました。 現実に投資部が誕生し、高校生が投資にチャレンジする。これは本当に素晴らしいことだと思います。 「投資は子どもでもやっていい」「10代からでも始めていいんだ」という考えが世の中に広がってくれたら、作者として非常に嬉しいです。

三田紀房(みたのりふさ)

1958年生まれ、岩手県北上市出身。明治大学政治経済学部卒業。 代表作に『ドラゴン桜』『インベスターZ』『エンゼルバンク』『クロカン』『砂の栄冠』など。 『ドラゴン桜』で2005年第29回講談社漫画賞、平成17年度文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞。 現在「モーニング」にて『ドラゴン桜2』、「ヤングマガジン」にて『アルキメデスの大戦』を連載中。映画『アルキメデスの大戦』は2019年7月26日より全国ロードショー。
【公式サイト】
夏野剛

学校法人角川ドワンゴ学園 理事

夏野 剛より

いま、日本に存在する約1800兆円もの個人金融資産のうち、株式市場に回っているのはわずか10%強です。もし、もっと多くの資金が株式市場に回れば、日本経済は今まで以上に活性化します。 遡れば、昭和のバブル期までは株式投資と言えば、持ち株会などを通じた受身の資金運用を指していました。なぜならその頃は、日本の経済は右肩上がりで、しかも、終身雇用が約束されていたからです。 しかし、現在はそのような時代ではありません。将来を豊かに暮らせるかは、自身の考え方や能力に大きく左右されます。 N高ではそのような背景を踏まえ、早期から投資マインドを持つ人材を育む重要性を鑑み、投資部を設立しました。 若い投資家が増え、日本の企業が元気になれば、日本全体も元気になります。投資部の皆さんが、どんな戦略でどんな企業に投資をするのか、企業経営者の一員としても楽しみにしています。

夏野剛(なつのたけし)

1999年NTTドコモより世界初の携帯電話を利用したインターネットビジネスモデル「iモード」サービスを立ち上げ、ビジネスウィーク誌にて世界のeビジネスリーダー25人の一人に選出される。現在は、慶應大学で教鞭をとる傍ら、上場企業の取締役を複数社兼任。東京オリンピック・パラリンピック組織委員会参与(マスコット選考検討会議委員、チケッティングに関する有識者会議委員、入賞メダルデザインコンペティション審査会メンバーなど)、経産省や内閣府で各種委員も務める。2019年2月株式会社ドワンゴ代表取締役社長に就任。
財前線画
活動内容
取組み1

運用資金として20万円を提供

取組み1

部員は、運用資金として村上財団から提供された20万円をもとに、「東京証券取引所上場銘柄」の株を運用します。運用の結果、最終結果報告月に利益が出た場合は、その利益額はその部員のものになります。一方、損失が出た場合は、その損失額を返す必要はありません。

取組み2

実学的な知識を養う特別講義の実施

取組み2

村上世彰氏から投資に関する講義、また、多彩な数学の教育サービスを展開する「すうがくぶんか社」からは、統計に関する講義を受けることができます。講義では、投資や統計に関する疑問について、直接質問することができます。さらに、講義の様子は双方向性のある生放送で配信され、日本全国の部員が、PCやスマートフォンで参加することができます。

取組み3

村上世彰氏による資産運用のフィードバック

取組み3

部員は年に3回、投資方針や運用結果などについてレポートをまとめて報告します。村上氏との個別面談で投資の姿勢や考え方に対するアドバイスを受けることもできます。稀代の投資家である同氏から得られる指摘は、部員が投資という行為に真摯誠実に向き合うにあたり、この上なく貴重な知見となるでしょう。
(※村上氏が株式の価値や他の有価証券の価値等に基づく投資判断に関しアドバイスを行うものではありません)

取組み4

チームを組んでの学び合い

取組み4

株式投資は個人で行いますが、5〜6人を1組としチームを組みます。Slackや、オンライン会議ツールのZoomを活用し、経済動向に関する情報交換や失敗・成功体験を共有するなど、部員同士が切磋琢磨しながら投資活動を実践することができます。

※元手の運用資金は、最終結果報告後に村上財団にお戻しのご協力をお願いしております。

※一定の条件を満たした部員や優秀と認められた部員に対しては、運用資金の増額制度があります。
 【通常資金】20万円→【増額後】50万円→【増額後】100万円
チャート背景
投資に活かせる統計指導
統計を基礎から学ぶことで、株式市場やそれを取り巻く社会動向をデータから正確に把握する目を養います。統計を扱うのに優れた「R言語」を用いた実践的な統計の講義を通じて、「投資に活かせる統計」を身につけます。講義は月に2~4回程度、N予備校で配信され、継続的に受講することで体系的に統計を学んでいきます。
数学指導パートナーすうがくぶんか社
統計講義イメージ

すうがくぶんか社は「もっと社会に数学を」をテーマに

(1)社会人のための数学教室(個人向け・法人向け)
(2)数学及び数理科学、またその教育に関する講演・執筆活動
(3)数学教育・研修のための各種教材の開発・制作・販売

を行う数学教室です。統計を始め、機械学習や、大学レベルの数学など、幅広い分野で専門的な知識を有する講師が数学の指導を行なっています。

みゆき線画
スケジュール

村上氏による対面講義
(講義の様子を配信)

村上氏によるフィードバックと
増額の審査

村上氏によるフィードバックと
増額の審査

最終結果報告と
村上氏によるフィードバック

報告会実施

発芽背景
参考教材

投資部では、以下の書籍を参考教材として、株式投資を学んでいきます。
※村上世彰氏の著書である『いま君に伝えたいお金の話』は、投資部入部審査の課題図書となります。

ⒸNorifusa Mita/Cork

下部の背景

学校法人角川ドワンゴ学園は、
N高等学校以外にも
さまざまな学びの場を提供しています