KADOKAWAが創る新しいネットの高校

TA(ティーチングアシスタント)

教員と共に生徒をサポート

TAの役割

生徒と年齢の近い大学生、または教育的知見を持った者が、TAとして手厚く学習や学校生活のサポートをしますので、困ったときにはいつでも相談することができます。また、面談等を通して生徒がモチベーションを維持できるように働きかけるのもTAの役割です。

グループで実施するディスカッショントレーニング(Nゼミ)では、TAがファシリテーターを務めて、議論を盛り上げる手助けをします。

授業中、生徒の質問に答えます。

電話や学校専用のSNSツールを使い、コミュニケーションを取ることもあります。

TAには生徒の指導に適している大学生を採用しています。

採用実績校

東京大学、京都大学、大阪大学、筑波大学、東京外国語大学、東京学芸大学、電気通信大学、神戸大学、大阪府立大学、早稲田大学、慶應義塾大学、東京理科大学、国際基督教大学、青山学院大学、中央大学、明治大学、成蹊大学大学院、工学院大学、十文字学園女子大学、聖心女子大学、獨協大学、同志社大学、同志社女子大学、関西学院大学、関西外国語大学、大阪工業大学 等

順不同