普通科プレミアムの魅力

N高・S高オリジナル開発コンテンツ

VR空間へワープしよう
学習も友だちもみんな集合

普通科プレミアムの生徒は、どこに住んでいてもVR空間にあるN高生とS高生の学びの場に集えます。
VR空間で新しい学びの体験ができます。

  • 画面は全て開発中のイメージです。名称・仕様などが変更される可能性があります。
  • 普通科プレミアムは2021年4月より始まります(認可申請中)。2021年4月以降の各所属期の開始月に「普通科プレミアム」と「普通科スタンダード」を変更できます。

VR空間を活かした
体感できる学習

立体的に学習を理解
動きで学び知識を深める

バーチャルな空間だからこそ、実際には難しい実験なども行うことができます。立体的に認識して学ぶことで、知識が深まります。

名所や歴史遺産を
360度で観られる

海外や日本の名所、歴史遺産を360度で体感。好きな場所にいながら現場を訪れたかのような体感が得られます。

VR空間で楽しみながら
健康的な体づくり

好きな場所にいながら、さまざまな世界にワープできるのがVR空間。VRの世界に没入しながら楽しく運動します。

コミュニケーションと
面接練習

VR空間の特長を活かして、コミュニケーション能力を伸ばす練習ができます。高校生になって、初めてアルバイトの面接に臨む方も多いと思います。しかし、アルバイトの面接練習は、自分だけではしづらいもの。VR空間なら、バーチャル面接官を相手に、自分で自信が持てるようになるまで、何度でも面接の練習をすることができます。さらに、バーチャル面接官やアバターを相手に、コミュニケーション(会話)の練習をして基本を身につけた後は、実際に友だちとVR空間で待ち合わせし、コミュニケーションの実践練習をすることもできます。VR空間だけで完結せず、現実(リアル)の世界で活きる実践的なスキルを身につけることができます。

絆と学習を活性化する
コミュニケーション

交流スペースで友だちができる

VR空間には、友だちとボイスチャットができる交流スペースがあり、日本全国・海外在住の友だちと仲良くなれます。

VRイベントに参加

普通科プレミアムの生徒は、N高・S高のVRイベントに参加することができます。さまざまなイベントでVR友だちがつくれます。

オリジナルキャラクターを作成

VR空間で活動する自分が作成できます。パーツごとに細かく3Dキャラクターを設定できるので、自分の個性をしっかり表現できます。

隈 研吾が手がける
“学びの塔”

隈 研吾

建築家。東京大学特別教授。

「次世代に活躍する人材を育む、新しい学び舎」大きな螺旋が分岐しながら、植物のように天高く伸びていくこの塔は、進化・成長を続ける若者たちの「学びのスパイラル」を表しています。スパイラルのそこかしこからは、淀みなく美しい水が「創造の滝」となって溢れ出し、若く瑞々しい感性と生命力に満ちた空間を演出します。現実の建物では決して体験することができない、複雑に絡み合う「邂逅の回廊」を歩けば、多様な個性や才能との出合いを通じて、新たな自分を見つけることができるでしょう。

新国立競技場や高輪ゲートウェイ駅など数多くの建築の設計に携わる。ところざわサクラタウン内にある、角川武蔵野ミュージアムも手掛けた。
写真:© J.C. Carbonne

VRゴーグルを
無償でお渡しします

「普通科プレミアム」を選択された方には、当校の授業教材の視聴を目的として、「普通科プレミアム」に在籍することを条件に、VR機器を無償でお渡します。学習を始めるためには、「Oculus」アプリがインストールできるスマートフォンまたはタブレットなど指定された端末やネットワーク環境が必要です。

    • 「普通科プレミアム」を選択された方には、当校の授業教材の視聴を目的として、「普通科プレミアム」に在籍することを条件に、VR機器を無償で渡します。原則として返却不要ですが、転学・退学する場合や「普通科プレミアム」から「普通科スタンダード」に変更した場合は、VR機器を当校に返却する必要があります。
    • VR機器を利用する際は全て自己の責任において利用し、事故や怪我などに十分注意してください。VR機器の利用によって生じた事故、怪我についての責任は負えません。また、Oculus社のガイドラインにより13歳未満はOculusのVR機器を利用することが禁止されています。
  • VRに対応していない授業もあります。
  • 学び方(普通科プレミアムか普通科スタンダード)の変更は、各所属期の開始月のみ可能です(4月生は4月、7月生は7月、10月生は10月、1月生は1月)。年度途中(各期の途中)での変更はできません。

CONTACT

ネットの高校について
詳しくはこちら