スクールサポート

ネットでもリアルでも、
先生や仲間とつながれる

一度しかない高校生活を楽しむために、ネットの高校では生徒と生徒、
生徒と担任の先生とコミュニケーションできる“場”が数多くあります。

担任サポート

ネットでもキャンパスでも
担任の先生がしっかりサポート

ネットの高校では、所属コースに関わらず全ての生徒に担任の先生がつき、
コミュニケーションツールやビデオ会議システムを用いて生徒の学習やスクールライフをサポートしています。

生徒一人ひとりに担任の先生

N高とS高は、生徒一人ひとりに担任の先生がつきます。ネットで学ぶ生徒はICTツールで、通学で学ぶ生徒はキャンパスで担任の先生と連絡が取れます。さらに、ネットコースの生徒は、クラスに所属しクラスごとに担任によるホームルームが行われます(任意参加)。

ネットやキャンパスで行う
個人面談

定期的に個人面談を行い、学習・生活・進路などの話をします。ネットで学ぶ生徒はビデオ会議システムを用いて、通学して学ぶ生徒はキャンパスで行います。

日々の学びを共有
学習の進捗確認

高校卒業資格取得に必要なネット学習には、映像学習とレポートがあります。担任の先生は、生徒と学習状況を共有し、日々の学習やレポート提出の進捗を確認しています。

Pickup

ネットでつながる

N高とS高(設置認可申請中)では、ICTツールを利用しパソコン・スマートフォン・タブレットで利用できる、コミュニケーションツールやビデオ会議システムを使い、生徒とのコミュニケーションをはかっています。

サポートシステム

豊かなスクールライフを送るために

生徒がより豊かなスクールライフを楽しめるように、スクールカウンセラーを始め、
さまざまなシステムで生徒をサポートしています。

スクールカウンセラー

専門のカウンセラーが生徒の心身の健康やライフイベントと学習の両立をサポートします。カウンセラーが厳重に相談内容を管理しているため、本人の許可なく担任の先生を含めた第三者に伝わることはありません。なお、カウンセリングはコミュニケーションツールを利用して行います。

公認心理師・精神保健福祉士

(2020年10月現在)

新行内 勝善

東京メンタルヘルス・リワークサポートセンター長、東亰メンタルヘルス・カウンセラー。福生市スクールソーシャルワーカー(非常勤)、横須賀市スクールソーシャルワーカー(非常勤)。メンタルヘルス講師やカウンセリングを担当。

北村 珠里

東京福祉大学社会福祉学部精神保健福祉専攻卒業後、精神科のソーシャルワーカーとして障害者の生活相談、退院支援に従事。その後、行政機関にて精神障害者の緊急相談・対応に取り組む。東京メンタルヘルス・カウンセリング事業部所属。

マイページ

「マイページ」には生徒用と保護者用があり、生徒のレポートの進捗や成績を確認できます。また、「マイページ」の情報は担任の先生と共有しています。

保護者通信

保護者向けに配布している学内情報誌です。単位認定やスクーリングなどの学習やキャンパス情報、イベントレポートなど生徒の学びを紹介します。

画像は2019年〜2020年に配布されたN高等学校の保護者通信です。

専用情報サイト

学校イベントや部活・同好会の紹介、生徒からのお知らせなど、生徒向けの専用情報サイトです。

  • 画像はN高等学校のインフォメーションサイトです。

テクニカルサポート

入学手続きや学習ツールの設定に関する問い合わせに対応する、専門のサポートチームが在籍しています。

CONTACT

ネットの高校について
詳しくはこちら