オリジナル開発 世界最先端

VR学習

角川ドワンゴ学園では、世界でも類をみない規模のVR学習〔※〕を2021年4月よりスタート。
VRの空間での学習は仲間の存在を感じながら、ともに切磋琢磨し、より集中して体感しながら学ぶことができます。

  • VR学習は選択制です。VR学習は「普通科」の生徒のみ利用することができます。「普通科ベーシック」の生徒は利用できません。
  • 普通科(VR学習+ 映像学習)、普通科ベーシック(映像学習)のいずれを選択しても、高校卒業資格の取得が可能です。
  • 2022年4月より、従来の「普通科プレミアム」は「普通科」、「普通科スタンダード」は「普通科ベーシック」に名称変更予定です(認可申請中)。

教育 × VR

VRはゴーグルをかぶると360度に渡って視野が広がり、仮想現実の世界へ飛び込めるテクノロジーです。
立体的に物事を体感できることから、医療実習のトレーニング・ものづくり現場に採り入れられており、教育分野においてもVRを利用している間の高い集中力や積極的に何かを生み出そうとするチャレンジ精神が次世代型の学習方法として注目されています。

Point1

立体的に学習を理解
知識が深まる

バーチャルな空間だからこそ、実際には難しい実験を行ったり、古代生物に触れたり、海外や日本の名所・歴史遺産を訪問できます。立体的に認識して学ぶことで、知識が深まります。

Point2

VRの魅力は“没入感”
自分だけの空間で勉強ができる

VRゴーグルをかぶると、どこからでも自分だけの学習空間にワープでき、集中できる環境が手に入ります。目の前に広がる学習空間は、自分だけのもの。コントローラーを操作することで、現実では難しい実験なども行えます。

Point3

ドワンゴ×バーチャルキャスト
N/S高生のためにオリジナル教材を開発

学習アプリ「N 予備校」と
シームレスに連携

VR学習と映像学習の使い分けができるように、学習アプリとシームレスに連携されている実用的なVR 学習プラットフォーム。

オリジナル制作された
豊富なVRガジェット

VR 学習で利用するガジェットはすべてN/S 高生のために作られたオリジナル。VR 空間で手に取ることで、学習の理解度が深まります。

仲間がいるから学びが続く
クラスメイトシステム

非同期コミュニケーションにより、同じ授業を受けた仲間のクラスメイトが登場。友だちと学べる空間が目の前に広がります。

学習に使うアバターを
自由に3Dキャラメイク

VR空間で活動するためのアバターをアプリ『カスタムキャスト』で自由に作成できます。アバターはパーツごとに細かく設定できます。
©Custom Cast, Inc.

臨場感あふれる
対話型の英会話や面接練習

対話型の英会話では、目の前に現れる吹き出しから解答を選ぶと、バーチャル外国人が反応し、会話が進んでいきます。人と接している臨場感が、学習のモチベーションにもつながります。そのほか、進学、就職、アルバイトなどの面接練習に役立つ教材もあります。実際の面接を想定した空間で何度でも面接を練習できます。

IT 企業とVRシステム企業の共同開発

1997年設立。ゲーム開発や着信メロディー事業を経て、ニコニコなど多くのIT サービスを手がける。ネットだけでなく、15万人を動員する「ニコニコ超会議」や、「将棋電王戦」など、リアルのイベントも主催している。

KADOKAWAグループの一員で、ひとつのVR 空間を複数人で共有する「バーチャルキャスト」やさまざまなサービスへアバターやアイテムを持ち出せる「THE SEED ONLINE」を開発・運営し、これらのプロダクトと「N予備校」を連動させたVR教育システムを提供している。

Point4

AIとVRを活用した英会話トレーニング

「スマート・チューター」で
英会話の弱点の克服

N/S 高では、PlusOne, Inc. が提供するソフト「スマート・チューター」で学べる高校生向けのオリジナルの英会話スクリプトを導入しています。VR 空間上の人物“Holosapiens(ホロ・サピエンス)”と英語で会話をしながら、コミュニケーション力を高めることができます。発音・スピーチペースなどの基礎的な語学レベルから、アイコンタクト・ポジティブさといったコミュニケーションレベルまでAI が識別してくれます。

AI キャラクターが話す英文がVR 空間上に表示されるため、生徒一人ひとりに合ったリスニング学習ができます。

©PlusOne 2021

発音や会話速度などをAIが分析してくれるため、弱点を重点的に練習することができます。また、自身の英会話力が可視化されるため、成長を実感できます。

2016年設立。VR/AR・人工知能技術を活用した教育向けコンテンツや「ビジネス英会話」向けコンテンツの企画・開発・販売。本社アメリカ。

Point5

VRイベントで友だちと交流
リアルタイムでコミュニケーション

N/S 高では、さまざまなVR 交流会やイベントが年間を通して開催されています。友だちとボーリングや卓球をして体を動かしたり、カラオケをしたり。VR 空間でスクールライフを満喫することができます。

VR学習は、完全ワイヤレスの
オールインワン VR ヘッドセット
「Oculus Quest 2」
を用いて学びます

Point6

創造力の幅が広がる
VR空間で立体的なものづくり

VRアプリ「Rec Room」

近年話題の、VR空間でものづくりを行うVRアート。360度全ての空間を使い、想像したものを形にすることで、創造力の幅が広がります。ソーシャルVRアプリ「Rec Room」などを用いて、仲間と一緒にものづくりを行います。

Point7

次世代に活躍する人材を育む、新しい学び舎

隈 研吾デザイン“学びの塔”

大きな螺旋が分岐しながら、植物のように天高く伸びていくこの塔は、進化・成長を続ける若者たちの「学びのスパイラル」を表しています。
スパイラルのそこかしこからは、淀みなく美しい水が「創造の滝」となって溢れ出し、若く瑞々しい感性と生命力に満ちた空間を演出します。
現実の建物では決して体験することができない、複雑に絡み合う「邂逅の回廊」を歩けば、多様な個性や才能との出合いを通じて、新たな自分を見つけることができるでしょう。

©Kengo Kuma & Associates

隈 研吾

建築家。東京大学特別教授。

新国立競技場や高輪ゲートウェイ駅など数多くの建築の設計に携わる。
ところざわサクラタウン内にある、角川武蔵野ミュージアムも手掛けた。
写真:© J.C. Carbonne

生徒の声

  • 英会話の学習で、目の前に外国の方がいる感覚はVR 学習ならでは。英検のリスニングが想像しやすくなり、二次試験のスピーキングの対策にもなって良い教材だと思います。

  • なんと言っても楽しい。VRに触れて新しい世界が広がりました。実際に体験しないと魅力が伝わりづらいですが、360度バーチャルの世界で遊べてどこへだって行ける。いろんな場所に住んでいる人がVR空間に集まっているから、仲間がいます。

  • 住んでる場所にとらわれず、遠距離の人とでも、VRの世界で一緒に遊ぶことができます。そして、現実ではできないような、ハラハラする冒険や絶景の前でのんびりしながらおしゃべりなどができてとても楽しいです。

  • いろんな物が想像しやすくなりました。ベルリンの壁や国会議事堂など滅多に行けない場所でも、VR空間だとその場にいるような体験ができるため、授業内容の理解が深まります。

  • 初めてのVR 体験は、N/S 高の交流会。いろんな人といろんな場所をみて遊ぶことができるイベントに参加したところ、新しい体験がたくさんあり、楽しかったです。

  • 授業に出てきた場所などに行くことができ、写真で見るより情報量が多く、その場所の雰囲気まで感じられました。

  • 世界中の人と話したり、一緒に遊んだりすることができるので、英語を使いながらコミュニケーションをとっています。

  • VR 機器をつけていると家で勉強していても、いろんな誘惑に負けにくいです。

  • ヘッドホン無しだと綺麗な音が聞こえないと思っていたら、ヘッドホンがなくても360度から綺麗な音が聞こえて驚きました。

  • VRに触れたことで興味の幅が広がりました。モデリングやプログラミングをもっとやってみたいと思うようになりました。

CONTACT

ネットの高校について
詳しくはこちら