研究部

ABOUT

研究部とは

学術研究を志す中高生をサポートするコミュニティー

研究部はさまざまな学術領域で専門的な学修や研究活動を行っている中高生が、研究部メンターによるサポートや発表会、専門家による講演などの不定期のイベント開催や部員同士の交流によって広く研究に関する知見を深めることができるコミュニティーです。
また、活動内容によっては資金の支援も予定しています。
学術研究を志す仲間との出会いを通じて、互いに刺激しあえる場を創成していきます。

研究部の所属には過去の研究活動や学術領域での実績を踏まえての選考があります。

応募について

研究部には角川ドワンゴ学園が運営する学校・スクール(N高等学校・S高等学校・N中等部)に在籍していなくとも応募することが可能です。

研究部では、さまざまな学術領域に関心のある中高生の活動をサポートするメンターを募集いたします。
研究部の活動にご協力いただける方は下記フォームよりご登録いただきますようお願いします。

メンターへの応募は大学生以上が対象となります。

研究部Twitter

活動内容

01

自らの成果を発表し、交流もできる発表会

年に3回の頻度で研究部員が自身の活動内容について発表し、交流できる場を設けます。大学生や院生、研究者のメンターからのフィードバックや、専門的な意見を貰うことができます。

02

研究・学術活動に関するメンタリング

月に1回の頻度でメンターによる研究・学術活動に対するメンタリングを行います。日々の活動に対し、メンターが専門分野に関する知識の共有を行ったり、新しいアイデアの提案をしたり、または活動のフィードバックなどを実施いたします。メンタリングにはグループメンタリングと個別メンタリングがあります。

03

第一線で活躍する研究者や専門家によるセミナー

各分野の第一線で活躍する研究者や著名人の方をお招きしての講演会などを不定期に開催します。実際に専門家による講演を聴き、その活動に触れることができます。

04

部員とメンターが繋がれるオンラインコミュニティ

研究部では多くの企業で利用されているコミュニケーションツール「slack」を利用します。このツールで全国各地の研究部員と研究者や大学院生などのメンター同士との交流が可能になります。

05

活動支援金の提供

学術・研究活動に伴う移動交通費(学会への参加、フィールドワーク等)、講演参加費、専門書等の購入費、研究機材費など、部員の学術・研究活動を金銭的にサポートいたします。

  • 活動支援金の提供には都度審査があります。
  • 部員数によっては活動支援金を提供する人数に制限を設ける場合がございます。あらかじめご了承ください。

CONTACT

ネットの高校について
詳しくはこちら