サポート校と通信制高校の違いは?

毎日学校に通う全日制高校と異なり、自分のペースで単位を取得できる通信制高校。通信制高校に入学するにあたって、サポート校への入学も勧められることがあります。通信制高校とサポート校とは、その目的や運営主体、取得できる資格などに大きな違いがあります。通信制高校とサポート校の特長を紹介します。

通信制高校とはどんな学校?

通信制高校は、全日制高校や定時制高校と同じく、所定の単位を取得して高卒資格を得る学校です。
全日制高校や定時制高校の大半は、平日学校に通いクラスメイトと共に授業を受け、単位を取得しながら進級していくという方法をとります。一方で通信制高校は、自宅などで個別に学習を進め、郵送やインターネットでレポートを提出し、スクーリングを受講し、テストを受けて単位を取得していきます。そのため学年という概念が薄く、自分のペースで学習できることが通信制高校の特長です。個々の状況に応じて柔軟に学習できることが通信制高校メリットです。

サポート校って何?

サポート校は、通信制高校に通う生徒を支援するために設けられた学びの場(教室)です。大きな駅など、交通の便が良い立地にあることが多く、講師やカウンセラーが所属しています。通信制高校と同時に入学するパターンが多いですが、気をつけたいのは別途学費がかかることです。通学日数は週1~5回程度まで、サポート校ごとにさまざまです。サポート校の目的は、通信制高校を3年で卒業するための支援を行うことであるため、学習支援のための授業を行ったり、学習計画の相談に乗ったり、精神的なケアをしたりします。多様な事情を抱えた生徒たちに対応するためのカウンセラーが所属し、きめ細やかなサポートを行っている場合があります。通信制高校では学校に通う機会が少ないですが、サポート校に通うことが友だちづくりにつながることもあります。

重要な違いは「高校卒業資格」が得られるかどうか

気をつけたいのは、通信制高校では高卒資格が取得できますが、サポート校だけでは高卒資格が取れません。
高卒資格は、学校教育法が「高等学校である」と認可した学校機関でしか取得できませんが、サポート校はこの認可を受けていない存在なのです。既に述べたように、サポート校の目的はあくまで通信制高校に通う生徒の支援であり、塾や予備校といった立ち位置にあたります。高卒資格が必要な場合は、学校教育法で認められている通信制高校、あるいは全日制高校や定時制高校に通うようにしましょう。同時に覚えておきたいのは、高卒資格と高卒認定は異なるという点です。高卒認定とは、高校で単位を取得せずとも、年に2回実施されている高卒認定試験を受ければ「高校卒業程度の学力がある」ことが保証される資格です。しかし高卒資格は学歴が「高卒」となる一方で、高校に通わず高卒認定を受けた場合は学歴が「中卒」になります。その点も考慮しながら、学校選びを進めていきましょう。

N高とS高(設置認可申請中)は
高卒資格が取得できる

N高等学校とS高等学校(設置認可申請中)は学校教育法第一条に定められた高等学校です。全日制と同じ「高校卒業資格」を取得することができます。

通信制高校とサポート校は
誰が運営しているの?

通信制高校とサポート校の違いとして、運営主体が異なるという点もあります。
学校教育法によって認可されている全日制高校や定時制高校、通信制高校は、主に公立と私立に分かれています。公立の場合は都道府県や市区町村などの地方自治体が運営主体となっており、私立の場合は学校法人が運営主体となることが多いです。この運営主体の違いのために、公立と私立では学費や校則、校風などに差がみられます。一方、サポート校は学校教育法に認められていない民間の教育機関です。通信制高校を運営する学校法人がサポート校を設置していることもありますが、塾や予備校を運営する民間法人が運営していることもあります。そのためサポート校ごとに、支援内容や学費にばらつきがあるのです。サポート校を利用する際には、よく比較検討してみると良いでしょう。

通信制高校とサポート校を
上手に利用しよう

全日制高校や定時制高校と同じように高卒資格が取得できる通信制高校と、そのスムーズな卒業を支援するためのサポート校。
それぞれの役割が異なるため、目的に応じて上手に活用していくことがポイントです。また通信制高校やサポート校は、運営主体によって教育体制や学費がさまざまです。比較検討しながら、生徒や家庭の状況に応じた学校を選んでいきましょう。

N高とS高(設置認可申請中)の
サポート体制

N高等学校とS高等学校(設置認可申請中)は学校教育法第一条に定められた高等学校です。全日制と同じ「高校卒業資格」を取得することができます。ネットの高校には、ネットコース・通学コース・オンライン通学コース・通学プログラミングコースの4つのコースがあり、ライフスタイルや目的に合わせて、コースやキャンパスの登校日数が選べます。キャンパスに通学して学ぶ通学コース・通学プログラミングコースでは、タイムスケジュールのなかに、高校卒業資格の取得に必要な必修授業の学習時間が設けられていたり、キャンパスで担任の先生と学習や将来の目標について対面で面談します。オンライン通学コースでは、ネットで仲間と集いグループワークを行います。学習の不明点は月~金曜日の時間内に先生やTAがいる「ネット学習室」で質問できます。ネットコースの生徒も、担任の先生とICTツールで連絡が取れるだけでなく、三者面談などがあります。

CONTACT

ネットの高校について
詳しくはこちら