通信制高校での入学から卒業までの流れとは?

高校を中退してしまったり、理由があって高校に通えなかったりした人が、高校の卒業資格を取得したいのであれば、通信制高校に入学することをおすすめします。通信制高校では、仕事やアルバイトと両立して学習することも可能です。しかし、通信制高校ではどんな入学手続きがあって、卒業までに何をしなければいけないのか、よく知らないという人も多いでしょう。そこで、ここでは通信制高校における入学から卒業までの流れを、簡単にまとめてみました。

通信制高校の
入学基準を知ろう

通信制高校では、学校にもよりますがほとんどの場合、中学校を卒業していること、あるいは卒業見込みであることが入学基準になります。通信制高校に入学するには、新入学、転入学、編入学という3つの方法があります。新入学とは、中学校卒業後に通信制高校に入学する方法です。一般的には4月が入学時期ですが、近年では4月と10月に入学時期を設けている通信制高校が増えてきています。転入学とは、他の高校に通っていた生徒が通信制高校に転校してくることです。この場合、以前の学校で勉強していた単位は、通信制高校でも受け継げる場合があります。そして、編入学とは1度高校を退学した人が通信制高校に入学することです。いずれも、出願書類の提出と入学検定料料を納入することで、通信制高校の入学試験が受けられます。

N高とS高(設置認可申請中)の
入学時期

N高とS高(設置認可申請中)の入学時期は、新入学・編入学が全てのコースで「4月・7月・10月・1月」の年4回です。転入学はネットコースが随時(※)通学コース・オンライン通学コース・通学プログラミングコースが応相談です。

  • 1年次・2年次最終転入学受け入れ月は1月。3年次最終転入学受け入れ月は12月。転入学の受け入れ日は毎月1日が基本です。2休学期間がある方は、入学時期のご希望に沿えない場合があります

通信制高校の入学試験って
何をするの?

通信制高校は、一般の高校に比べて合格率が高いといわれています。それでも、志望さえすれば100パーセント入学できるというわけではなく、書類や筆記試験、面接試験によって選抜されます。しかし、多くの通信制高校が重要視するのは、筆記試験よりも面接試験、という傾向にあるようです。面接官と志願者とのやりとりのなかで、熱意や目的を確認されるのです。そのため、志願者は「どうしてこの学校に入りたいのか」と「この学校に入って何をしたいのか」の質問には、前もって答えを用意しておいたほうが無難です。また、面接中の態度や礼儀作法もしっかりと審査対象に入っているので注意しましょう。

N高とS高(設置認可申請中)
の入学試験

N高とS高(設置認可申請中)の入学のための選抜方法は、ネットコースとオンライン通学コースが「書類選考」、通学コースが「書類選考・面接試験・筆記試験」、通学プログラミングコースが「書類選考・面接試験・筆記試験・課題」です。N高とS高(設置認可申請中)の出願はWebから受け付けています。

通信制高校はどうすれば卒業できるのか

通信制高校を卒業するためには、在学中に必要な単位を取得することが必要です。単位は、レポート、スクーリング、テストの結果によって認定されます。レポートは、履修科目毎に定められた回数分の課題をを提出します。スクーリングは実際に対面で行う授業です。履修科目毎に授業時数が定められています。そして、履修科目毎にテスト受けます。これらレポート、スクーリング、テストの結果によって当該履修科目の単位が認定されます。

N高とS高(設置認可申請中)での
単位取得

ネットの高校の必修授業は主にネット学習、スクーリング、テストの3つです。この3つが高校卒業資格の取得に必要な学習です。N高とS高(設置認可申請中)の科目ごとの単位認定要件は以下です。

  • 科目ごとに必要なレポートを期日までに全て提出している
  • スクーリングの必要時間数を満たし、全て出席している
  • テストで合格基準点以上をとっている
  • 評定(成績評価)が2以上である
  • 必要な提出物を全て提出している
  • 上記に、該当年度の学費・諸費用を全て納入していることを加え、全て該当年度内に満たすことが単位認定の要件です。

通信制高校にはどんな
サポート体制があるか

通信制高校には、多くのサポート体制が用意されています。たとえば、仕事をしながら通学している人には、レポートや補習で出席日数の不足をカバーするシステムがあります。不登校などで全日制高校に通えなくなってしまった生徒には、心理カウンセラーが相談にのってくれるところもあります。

N高とS高(設置認可申請中)での
サポート

ネットの高校では、担任の先生が生徒の学習やスクールライフをサポートしています。担任の先生は、学習の進捗管理・生活指導・個人面談を行います。さらに、1年次から、進路授業や進路ガイダンスがあり、生徒が自分の進路を“考える”力を養っています。そのほかにも、進路サポートとして、進路相談や三者面談・志望理由書や履歴書の添削・面接練習を行っています。ネットコースとオンライン通学コースの生徒はコミュニケーションツールやビデオ会議室システムを使って、通学コースと通学プログラミングコースの生徒はキャンパスで面接練習などを行います。また、N高とS高(設置認可申請中)にはスクールカウンセラーが配置されており、専門のカウンセラーが生徒の心身の健康やライフイベントと学習の両立をサポートしています。

通信制高校で、豊かな
スクールライフを送る

通信制高校では、学校行事に力を入れているところもあり、学園祭や体育祭などで学友たちとの絆を深めることができます。また、生徒ひとりひとりの事情や学力を考慮しながら学習計画が立てられるため、本人のやる気さえあれば卒業までの道のりは決して困難ではないのです。そして、学校に通うことで目的を一緒にする仲間たちと出会えることも、貴重な経験となるでしょう。ただ勉強をするだけなら家でもできますが、仲間の存在が苦しいときの励みになり、頑張るモチベーションを生むことにもつながるでしょう。

N高とS高(設置認可申請中)の
年間イベント・ネット部活

ネットの高校には、一度しかない高校生活を楽しむために、生徒同士や生徒と担任の先生がコミュニケーションできる“場”が数多くあり、ネット・リアルを問わず、多くの仲間と素晴らしい体験が創れます。年に一度の「文化祭」はニコニコ超会議の会場で行われます。また、『ドラゴンクエストXでオンライン』のゲーム内で集まって行う「ネット遠足」、eスポーツで全国の仲間と勝負する「ネット運動会」など年間を通してさまざまなイベントが開催されています。部活はネットでの活動を中心に行う「ネット部活」。イベントなどリアルの場で活動することもありますが主にインターネットの仕組みを活かしたオンラインで取り組んでいます。ネット部活には、美術部・eスポーツ部・投資部・起業部・政治部・ダンス部などがあり、部員同士の交流や特別顧問による直接指導を行っています。

CONTACT

ネットの高校について
詳しくはこちら